« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

甘ーい旬

甘ーい旬
甘エビ。
えんやこらー、と殻をむけば、トロリんちょ。ねっとり。
甘エビの青い卵をのっけて山葵をちらり、お醤油をちょん。
ん〜!あーこりゃこりゃ!\(^O^)/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

彩冷やしおでん

彩冷やしおでん
冷たく冷やしたお出汁で野菜をもりもり!
お出汁は冷たいと味がぼわけるので少しいつもより濃いめです(^3^)/
いんげんはクタクタに、トマトは火を通し過ぎずに、しいたけはお出汁をとったあとのどんこ、大根は面取りして形よく〜
いただきます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

東京駅うえ、33 階。

東京駅うえ、33<br />
 階。
この夜景!
東京駅のホームを見下ろしていますしています。20線以上!
おそらく日本で一番電車が出たり入ったりですよね。いつまで見ていてめ飽きません。
新幹線だって「はやて」「こまち」「やまびこ」「つばさ」「こだま」「ひかり」…、他に在来線…。
山手線は緑の青虫みたい
(*_*)
ゆっくりホームに滑り込んで、銀河鉄道スリーナインのような数々の電車。
電車好きじゃなくても、もう目が離せません。
それから風景!
左はお台場レインボーブリッジから、右端は新宿まで見えました。
メトロポリタン丸の内、33階。圧倒的な大都会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

野生のカブトムシ

野生のカブトムシ
野生のカブトムシ、というのも何か変なのですが、最近はあまり見ませんね。
福島県金山町は自然との共生で成り立っていると感じました。
民宿では目の前の川での釣りがお客さんを呼んでいるし、ほとんどの家の畑があって、初物の甘ーいトウモロコシを蒸かしてくれたり…。
ただ、コンビニはなし、デパートなんて絶対ないし、電車もバスもほとんどなし。
冬は雪が減ったとは言え、2メートルから3メートル。お嫁に来たおかあさん達は「えらいところに来てしまった」 と思ったそう。
私は滞在二日間で10ヵ所以上蚊に刺されました…。
それにしても
人見知りしないで受け入れてくれる金山町の皆さんには、底知れぬ温かさを頂きました。
やっぱり、いいなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

炭酸泉の温泉!

炭酸泉の温泉!
福島県金山町の大塩温泉。湯口を見てください!
アワアワでしょ。炭酸泉です(^3^)/
湯船の色を見てお察しの通り、鉄分が多くて入ると肌がギュッギュッとします。レポーターやって13年初めての泉質です。
ディレクターさんから「飲んでみよう」 との指示。
確かに湯口にコップがあります。地元の方はよく飲むそうです。ちょっと嫌な予感はしましたが、ぐびっ。びゃぁ〜(_´Д`)ノ~~
凄い味です。この世の味とは思えません…
あまじょっぱくて鉄味が生ぬるい……。
こ、これは。はっきり言って不味いのです。
たまらん!とばかり、スタッフ全員にも飲んでもらいました。
「ぐえっ」
「うわっ」
「ひー」
でしょ〜。
地元の方は、小さい頃から胃に良いと飲まれているそうで段々くせになるそうです。
この炭酸泉でお世話になった民宿の女将さんがお粥を作ってくれました。
それがびっくり!
他に一切味付けなしで、お粥がお出汁をとったような上品な味のお粥になったのです。
不思議です。
どんな化学反応があったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

奥会津、福島県金山町

奥会津、福島県金山町
妖精が住む街…というキャッチフレーズがあるそうです。
最初は妖精?なんのこと??と思いましたが、納得です。この川霧。
確かに、何か不思議な事が起こりそう!?
川の水の温度と外気温の差で現れる現象。
素晴らしい歓迎の風景です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

会津ロケいざ!

会津ロケいざ!
東京から新幹線、磐越西線と乗り継ぎ、番組の取材で会津若松にやって来ました。
ここからさらに一時間以上車を走らせ、奥会津に向かいます。
今もなお神秘的な雰囲気の奥会津、念願かなって行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

シャトータルボ

シャトータルボ
いただきました、二十年もの。
いただきました、星3つ!流石、美味しくいただきました。おりは溜まってましたが、幸せの味わい。
深みと柔らかなコクに枯れたような風味…
二十年前、何をなさってましたか?
私たち夫婦は中学二年。お互いは知っていましたが、出会うまであと一年。
おませさんでした(●^ー^●)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

夏本番!ホロホロチキンカレー

夏本番!ホロホロチキンカレー
夕べ手羽を三時間煮込んだそうです。
夜私が寝ているとき
とても良い香りで
夢の中で、カレーやさんの前を散歩で通っていたのですが香りは本物だったのですね(^.^)b
スルッと骨から離れるお肉にびっくり!
夫いわく、とり肉は柔らかくなりやすいとか。
サラサラのスープカレーは汗かく刺激です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

柚子さんまスパ

柚子さんまスパ
焼いたさんまがメインです。
味付けは、我が家の糠漬けと柚子こしょうと梅干し!糠漬けと梅干しは炒めてベースのソースをオリーブオイルでつくります。
ちなみに、我が家の糠漬け!は番組で頂いた「糠床一年生」なる糠漬けキットで作りました。
糠は時間が経つほどに味わいが出てきましたよ〜。
ピリッと柚子こしょうが効いたパスタはさんまや糠漬けの旨味を含んで、美味しくなりました。
夫の料理は、残り物ほど真価を発揮するようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

お暑うございます

お暑うございます
連日の猛暑。
ゆでダコですね〜。
あまり、外に出ないほうがいいくらいですね。
でもちょっと嬉しいことがありまして。
マンションの管理人のおじいさんが、「お暑うございます」と言ってくれました。草刈りしながらゆでダコの真っ赤なおじいさんが。久しぶりに聞かせていただきました。
「お暑うございます」
はい、確かに猛烈に暑いのですがなんだか、ホッとして楽になりました。
意味としては、暑い、ということを言っているだけなのですが。丁寧な「お」「ございます」がついて「あつい→あつう」に変化して…柔らかくなり、なんとなく思いやりが含まれているような。
言葉の効果ってあるんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

長崎グラバー邸とは?

長崎グラバー邸とは?
グラバーさんとは、スコットランド人で三菱経由で薩長に武器などを提供した商人。
倒幕のまっただ中にいた外国人だそうな。
私の住む、東京「江戸」との間接的な繋がりを感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長崎散歩で、ちゃんぽん

長崎散歩で、ちゃんぽん
漫画『クッキングパパ』
に出てくる、長崎ちゃんぽんのお店。
あの、「いこかもどろか思案橋…」の思案橋のすぐそばです。
とんこつのコクが濃いちゃんぽんに、一口餃子に満々ぷく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るい夜

明るい夜
福岡の夜7時です。
青空です。
緯度の違いを感じます。
日本は長いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネルを抜けたら九州国立博物館!

トンネルを抜けたら九州国立博物館!
広すぎます。丸一日かけないと丁寧には見られません^ロ^;
三時間の予定で見ても、スタスタ歩きで展示を見て回りました。
重要文化財やら国宝やらがものすごく沢山ありますっ。
そんな展示をチラッと横目で見て、スタスタ歩きで三時間です。
なんという、もったいなさ!
企画展示は島津の篤姫で、幕末から倒幕、現代に繋がる九州の役割を体感出来ました。
常設展示がこれまた凄い何万年も前から江戸時代に至までを国宝でなぞることができます。
改めて、上野の国立博物館に行ってみようと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

トンネルをぬけると…

トンネルをぬけると…
太宰府天満宮から
いきなり近代的なトンネルが続いています。
長い長い歩く歩道をぬけると…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道真を追っかけて来た梅

道真を追っかけて来た梅
道真が都から左遷させられた時、一夜にして都の道真の家から太宰府に飛んできたという飛梅。
なんとも主思いの梅です。ということは樹齢1100年?!
とにかく、ここには
梅林があったり梅に関するお土産物が多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太宰府天満宮散歩

太宰府天満宮散歩
学者で政治家だった菅原道真をまつるお宮。
1100年もの歴史があるそう。
写真の楼門は1919年に再建されたもの。
この日はちょうどアンティーク骨董市が開かれていました。値段は東京の骨董市とあまり変わらないような感じかな。
中国か台湾からの観光客が多いようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

梅ヶ枝もち

梅ヶ枝もち
太宰府天満宮に向かう参道で食べる梅ヶ枝もち。店先で焼いていて、持てないくらい熱々です。
パリッとした焼き目から溢れ出る熱々あんにハフハフ。
それから、梅ソフトクリームを…、酸っぱ!いけど歩き疲れたらクエン酸が身体にしみます〜。
おっと、お参りお参り。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福岡呉服町、みやけうどん

福岡呉服町、みやけうどん
うまかった!
一噛み目はやわらかで
二噛みすると、グッとこしを感じるうどん。だし汁が染みうま!
いりこだしに昆布かな?
塩が決まった味で薄い色。乗ってるゴボウ天がこくをプラス。
めちゃうまB級グルメです。
博多祇園山笠にでる着流し姿の男衆が、うどんをかっこんでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

博多祇園山笠、大きい!

博多祇園山笠、大きい!
博多の商人さん達の奉納行事で鎌倉時代から750年以上続いているとか。
中心部にいくつも飾られた『飾り山』、本当に山です。山のごとくでっかい!
高さ10メートルはありそうで商店街のアーケードにぶつかってます。
南総里見八犬伝などストーリーになっていて博多人形などを作る方達が製作なさっているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

博多到着

博多到着
仕事が一段落したことで、かねてから念願の博多散歩です。
飛行機で一時間半と少し。泊まるホテルは博多駅そば中洲のハイアットリージェンシー。
なぜなら、我が家の愛読書であるマンガ『クッキングパパ』の主人公荒岩さんが会社の後輩達と飲みにくるのが中洲だからです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

もっちりパリッ焼き餃子

もっちりパリッ焼き餃子
片面を焼いて
蒸したら
もっちりとパリッが共存します。
私はラーユもお醤油もちょっとにして、ほとんど黒酢で食べます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

お見事!手づくり餃子

お見事!手づくり餃子
美しいです。
このフォルム。
このヒダ。
我が夫ながら感動です。
ぶきっちょな私とは天と地ほどの差です。
ちょっと落ち込みますね〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

冷やし胡麻ラーうどん

冷やし胡麻ラーうどん
蒸し暑いべったり空気の今日は、ひんやりさっぱりが良いですよね〜。
冷やしたおだしに、胡麻ペーストに、レモン、お酢、ラーユなどなど。
トッピングの挽き肉はテンメンジャンと味醂と醤油で味付け。
胡瓜や白髪ネギをのっけて、召し上がれ!
スッキリさっぱりモリモリ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

豚&じゃがの中華

豚&じゃがの中華
これは絶品なのです。香ばしい甘醤油が豚の旨味をくるんで、最高のポテンシャルを引き出します。
じゃがいもも、ポクポクの〜こく旨。
例えるなら照り焼き的な美味しさです。
夫作。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

マンゴーにカンドー

マンゴーにカンドー
頂いたマンゴー!
マンゴーと言えば、最近は宮崎がつとに有名になってますが、
沖縄だって本家です。しかも宮古島!
宮古島出身の方がご実家にお帰りになったとかでお土産を…。
ご配慮ありがたいです。
マンゴーなんて、デパートで見ても通り過ぎるだけ、はなから考えないようにするっくらいの高級フルーツです、私には。
どおしても食べたい時はドライマンゴーでした。
ああ、神様仏さま。
私一人で丸々頂く贅沢をお許しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

インゲンのくたくた

インゲンのくたくた
旬でインゲンが安いですね。たっぷり買っても200円台。
まってました〜!
モリモリ食べられます。
ヨーロッパの人達は、インゲンを柔らかに煮て食べるんだとか。
写真のインゲンもお箸で切れるくったり感なのです。
味付けはお好みですね。
今回は、バジルとオリーブオイルとワインビネガーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しば海老のピカタ

しば海老のピカタ
こりゃまた楽チン!
レモンをギュッと搾れば、あ〜オツな味。
タマゴでピカタ。
白ワインです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

栗駒牛の店

栗駒牛の店
宮城県栗原市栗駒。
先の、宮城岩手内陸地震で一気に有名になった街です。
栗原市は
旧築館、鶯沢、栗駒、花山などの地域が市町村合併で出来た市です。
宮城県北部のとても広大な市になりました。確かに、地震の爪痕は見られましたが、普段通りにお店をやっているところも在りました。
栗駒牛を食べさせてくれる、金龍。
私は近くのジーンズ工場(詳しくは後ほどジーンズの写真とともに書きますね)にジーンズを購入に行った際、工場の社長さんに教えて頂きました。しかもごちそうになったしまいましたが、
これが)^o^(頬っぺたが落っこちそうなほど美味しい〜。
サシも程よく旨味が濃い。
おじいさんおばあさんからオチビさんまで皆で食べていました。
笑顔の見られた栗駒で、少しホッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »