« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

ライフスタイルフォーラム

ライフスタイルフォーラム
11月1日2日と新宿御苑で開かれます。
環境と共にある生活を楽しもうと言うコンセプトの下に色々な活動をなさる方々が集まります。
私は土曜日、一時からの三浦雄一郎さんのトークショーのお話し相手です。
キリがないほどの世界記録や信じられない大冒険をやってしまう三浦さん。
この5月には七十歳台で二回目のエベレスト登頂を成し遂げられました。一体どんな心と身体をお持ちなのか???
心臓病を克服して目標を達成した三浦さんに、夢のかなえ方、目標達成のコツ?など聞いてみようと思います。
新宿御苑散歩がてらいらしてください〜(^O^)

(新宿御苑に入る時に二百円かかります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

蕪のへっちょ

蕪のへっちょ
いつもは捨てていたカブや大根のはじっこも、ぬか漬けに、投入!
これがまた、旨いのですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねんきん特別便

ねんきん特別便
来ましたね〜。
年金問題が落ち着いたら、こちらから社会保険庁に行って調べなきゃ、と思っておりましたところ。
私は大学卒業してからずっと自由業・自営業になりますし、引っ越しも三回して名字も変わっていますから、大丈夫かしらねぇ、と危惧していました。
結果、大丈夫でした。
ふぅ〜。
私は国民年金だけだから分かりやすかったのかもしれませんね。
会社を何度か変わっている人たちは厚生年金の移動とかでかえって心配という声も。いくつかの年金をなさったり、再開したりしているかたも心配のようです。ほとほと役所のなすべかざる事、とは思いますが、書類のわかりやすさに苦慮したり字を大きくしたりして努力しているのは感じました。
国民みんなにこれをやっていると思うとさすがに大変。
思わず返信用封筒に応援メッセージを書いてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

初見!新幹線・検測車

初見!新幹線・検測車
今日は日帰り仙台です。
この新幹線見たことあります?
ちょうど駅員さんがいたので聞いてみました。
ふむふむ、線路の幅などを検測する…。
なるほど〜。
この列車にて諸々の安全を確認するわけですな。
勉強になりました。

ところで、仙台・宮城はJRをはじめ観光キャンペーンの真っ最中。昨年からプレキャンペーンをやっていましたが、すごく繁盛しているのでは?
平日なのに、仙台駅混んでいます。
中国語があちらこちらから聞こえます。
以前は毎日、仙台駅から定点中継をしていた私は違いを感じますが、どうでしょう。人の多さにびっくりです。
気のせいではないですよね。
宮城の経済学者の先生が、仙台は景気が良い、と言っていましたが実感です。
地元には中々お金が落ちないという声もありますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

小さな虫の気分をどうぞ

小さな虫の気分をどうぞ
六本木ヒルズの大きなクモのモニュメント。
クモの下から青空を見上げる不思議な絵になりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

初めてのツインリンク茂木

初めてのツインリンク茂木
レース会場です。
栃木県は茂木にあります。ほとほと山の中ですねぇ。仕事で来ましたが、もちろんレースクイーン!
ではありません(^O^)
アナウンス業務です。
しかし、広い!
HOTELや遊園地もあるんですね。
Hondaで作ったレース場ですが、他社の車のレースも受け入れるのですね。まぁ、あたりまえか。
今回はトヨタの可愛いヴィッツのレースです。
グランドスタンドから見るとピューと走って、可愛いのなんの。
九十度カーブやヘアピン、もスイスイ安定しています。なかなかあなどれませんね、ヴィッツ。
久しぶりに朝3時起きの仕事。昼過ぎになるとへんなテンションになってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

山の秋

山の秋
最低気温が八度くらいになると色づき初めるそうですね。
栃木県茂木のグラデーションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けいとう

けいとう
我が家のベランダで種から育てた、けいとう。
7月に植えてやっとふわふわの花が咲きました。切って飾ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

レモン?牛乳?

レモン?牛乳?
はい?
なんですか?
宇都宮の駅で見つけたご当地飲み物。
売店の方によると、学校の運動会など行事の際に出る喜ばしい飲み物のようです。
パッケージの表示を見ると、無果汁。
レモンは入ってないようです。糖分は入っているようなので甘いのですな。
新幹線に乗って早速…。
レモン、うん。
牛乳、うん。
甘いレモン風味の牛乳ですな。
甘酸っぱくて美味しかったです。
宇都宮駅においでの際は是非ご賞味あれ(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

秋田から祖母が来ました。

秋田から祖母が来ました。
83になる祖母が秋田から飛行機で来てくれました。
相変わらず、着物を着てニコニコしています。
電車に乗った時のこと。
座席が一つあいていました。後から来たおじさんが座ろうとしましたが、すわらず譲ってくれた形になりました。
祖母は電車から降りる際に、深々とおじさんの前で礼をしました。
周りの人が、ちょっとびっくりするくらいに丁寧なお辞儀でした。
満員電車など乗ったことがない祖母。
美しい姿を見ました。
胸すく思いで、とても嬉しかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

ぼんぼり菊

ぼんぼり菊
まん丸で触るとギュッと堅いほど!
これで300円くらいかな。最近は菊も可愛いのが多いですね。
ただの仏花にしておくのはもったいない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月17日 (金)

今週の花

今週の花
花は梅みたいで、葉は松みたいで縁起がいいな。
かわいいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

神田明神の神様って?

神田明神の神様って?
神田明神の神様って三人もいるんだそうです。
喧嘩しないのかな(^o^;
○大黒さま
○恵比寿さま
○まさかどさま

江戸東京の総鎮守だそう。すぐ向かいには、幕府の学校だった湯島聖堂があります。昌平坂学問所です。作ったのは儒学者の林羅山。そう言えば、林羅山は、有馬温泉・草津温泉・下呂温泉を日本三名泉と名付けた…と岐阜の下呂温泉にある林羅山の銅像に記されていました。
江戸時代には電車もないのに随分皆さん歩いたんですね〜。岐阜までどれだけかかるのかしら(^o^;
千駄木の家から歩いて一時間足らず、ひーふぅ言いながらしみじみ思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上野の森の麒麟

上野の森の麒麟
青空をそのまま身体に映した麒麟。
のびやかに枝葉をはむ。
芸大の学生さんが作った作品だそうです。
今にも歩き出しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベストショット!

ベストショット!
(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

散歩で大漁!?鯵

散歩で大漁!?鯵
小さなアジのマリネです。夜遅くに散歩すると、大漁なんですな(^O^)
つまり、深夜はスーパーのお魚が安いのです。閉店前の叩き売りってところでしょうか。
一パックに10尾は入って百円!
二パック買っても二百円!感動的です。
半額以下で購入です。
鰺をじっくり揚げて、野菜を焼いたりしてトッピング。お酢やお酒お醤油などで味を整えた汁で一煮立ち。あとは冷蔵庫が調理してくれます。
しかも3日分くらいのおかずになりますな。
ウフフ。
良く噛んでカルシウムたっぷり\(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

秋の果物盛り

秋の果物盛り
柿・りんご・柚・大きなのは梨。
梨は直径15センチはある「かおり」と言う、秋田のもの。しっかり甘くて、果汁が滴ります。ゴクリ。
とても大きいので皮をむくとき手に余るほどです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

甘露甘露!無花果

甘露甘露!無花果
旬の無花果。
生のものも、一人で一パックたべます(^O^)
甘露煮は毎年、伯母が送ってくれます。角砂糖や黒糖で煮た滋養たっぷりおやつ。
みずみずしくて爽やかな口どけに、秋の口福。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

自家製塩辛

自家製塩辛
イカが美味しい季節です。わたをとって、イカを半日干して、しっかり塩をしたわたと塩で和えて…出来上がり。
時間が調味料です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年初きりたんぽ

今年初きりたんぽ
秋田の伯母が材料一式送ってくれました。
ありがたや〜。
たんぽはもちろん新米です。
美味しい、美味しい。
小さい頃からよ〜く食べた故郷の味。
ホッとしますね。
一番美味しく思いますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

うちのはじっこ

うちのはじっこ
ピンクの実がいとおしい

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

空の柘榴

空の柘榴
昔は柘榴の油で鏡を磨いていたとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもいっきり金木犀

おもいっきり金木犀
すぅー、はぁ。ふぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本海でスペシャルThanks

日本海でスペシャルThanks
今回の日本海の旅は、友人である本間女史となほこ先輩のオススメにかなり頼りました。
お二人とも鶴岡市出身です。雑誌編集に携わっておいでで、かなり詳しいです。東北の生き字引。
雑誌、マップル東北の酒田三居倉庫で佇む写真は、なほこ先輩です。
皆さんも東北に行かれるときは「マップル東北」など、シュープレスが書いた本を参考に!間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出羽三山神社、あれっ?

出羽三山神社、あれっ?
ついたー^ロ^;
情けない状態でヒーコラ。うーん、やっぱり神々しいなぁ。
600年頃からあった山岳信仰もなるほどだなぁ。
山に畏敬の念を抱く気持ち良くわかるなぁ。

…あれっ?何か人が多いなぁ。しかも、みなさん何やら笑顔で余裕だなぁ。ヒール履いてあの石段を登ってきたの???…車!(・・?)
そうです。
なんと、出羽三山神社は観光地になっていて、山の反対側から車で来られたのです( ̄□ ̄;)!!
ガーン。
私達の二時間はなんだったのでしょうか。
茶屋の女将さんは何も言ってなかったぞ。
そうか、ヤル気をなくさないように親切で教えてくれなかったのね。
しかも、こちらの羽黒山山頂の神社、出羽三山神社と言ってこちらに詣でると月山にも湯殿山にも登ったことにしてくれると言うではないですか。
悔しい…けど嬉しい。
神様のオマケがついてきたみたい。
(^O^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

杉並木の石段、2446 段(^^)v

杉並木の石段、2446<br />
 段(^^)v
「こぇ〜!」
秋田弁で、非常に疲れた、と言う意味です。
小さい頃秋田で育った私は本能を試されるときは、つい秋田弁が出てしまいます。皆さんもありませんか?^ロ^;
私は秋田弁と宮城弁が交ざりまざっております。
2446段。
今年の東京は暑かったですが、これほど汗をかいたのは今年初めてです。
全身びっしょり。
この時の山形羽黒山の気温、14℃です。
この石段が、しばしば壁のように立ちふさがるのです。
一の坂・二の坂・三の坂と、いつ果てるともない石の道。写真奥に見えるご夫婦が前屈みになって登っているのがわかりますか?
頂上までは400メートルの高さ。
ちなみにここを市民マラソンで走るそうです。
無謀過ぎます。
しかし、この日、80才のおばあちゃまが登ったと言うではありませんか!
SUPERおばあちゃまです。半分ほど行ったところで、電気も通っていないという茶屋があり、そこでつきたての力餅を強く進められ、私は苦しくて食欲がありませんでしたが夫はあまり強く薦められるので断り切れずに、食べていました(でも後から考えると食べておいて良かった!まさに力が出るお餅でした)
その茶屋で、兵庫からいらしたというご夫婦(写真に小さく映っていらっしゃいます)と東京は家賃が高い…等と世間話をしながら休んでいたら、茶屋の女将さんが「石段踏破の認定証」をくれました。
ちゃんと鶴岡市長さんの名前入り。
まだ、道中半分なのに…。( ̄〜 ̄;)頑張らねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

国宝 羽黒山五重塔

国宝 羽黒山五重塔
1050年頃、平将門が建立したと言われているそうです。質実剛健、がっしりどっしり。まさに骨太な建物です。
山門から下って登っていくと、眼前にその威容を現します。
飾らない木細工の組み立て組み合わせは、見るほどに目が話せなくなります。
日本人のデザイン感性の豊かさに圧倒される思いがします。
鬱蒼とした樹齢千年を越える杉の大木に見守られながら、当時の空気を伝えます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出羽三山へ・巨大鳥居

出羽三山へ・巨大鳥居
600年頃から続くと言う山岳信仰の地へ。
神々の住まう山へ。
20メートルはありそうな巨大鳥居が出迎えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

山形は酒田市の夜。ル・ポットフー。

山形は酒田市の夜。ル・ポットフー。
知る人ぞ知る、酒田駅前のHOTEL三階にあるフレンチの名店。
美味しくて、暖かでとても過ごしやすかったです。
地元の食材が食べたいと秘かに思っている旅行客のニーズにもしっかり応えてくれていました。
日本海の沢山の海の恵み!魚好きとしてはたまりません。びっくりしたのは、舌平目のソテー!一尾まんまです(о^∇^о)
テーブルのそばで仕上げに焦がしバターをジュッ。
熱々をお箸でほおばります。お箸さえあれば、お魚もこっちのもの。
きれいにいただきました。デザートの焼きプリン(クレームブリュレ)がこれまた香ばしい。
何か藁の薫りのような芳しさ。
そして、お酒は地元の名酒・初孫の大吟醸。これがちょいと甘めで後引く旨さ。そこに、このお酒の仕込み水が出されます。
これがまた美味い!お酒と仕込み水を代わりばんこに飲むと…両者には全く垣根がなく、滑らかに繋がるような…。
感動的でした。
金曜の夜、お客さんがあまりいなかったのが気がかりでしたが、こういうお店は永く続けていただきたいと願う東北ファンの私達です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

日本海に沈む夕陽

日本海に沈む夕陽
新潟から特急いなほに乗ること、二時間。
山形、湯の浜付近で、沈み行く夕陽が旅のお供です。この後、だんだんオレンジ色になり、半熟卵の黄身のようになり、海に沈む瞬間は海がジュッと蒸発しそうな金色になりました。
トロリと溶けそうな、The日本海の夕陽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

いなほ7号

いなほ7号
思いたったら吉日!
涼しさ感じる日本海が見たい!
上越新幹線で新潟へ。そこから一路日本海を目指して。
この列車は青森まで行くようです。何時間かかるのかしら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

二階式線路

二階式線路
上野駅にて。
なかなかない景色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸の上下水道

江戸の上下水道
江戸時代にはすでに上下水道が整っていたそうです。飲むのに十分な水を掘ることが出来なかったようで、玉川上水・神田上水が水道の役割をしていたようです。うんちなどは肥料として高い値段がついていたリサイクル社会だった当時は、下水と言ってもそんなに汚なくなかったようです。
同時代の世界中探しても、年中いつでも水が使える都市はなかったようで、パリよりもロンドンよりも先進だったようです。
改めて、良いものは良い。隣の芝生は青く見えるとか西欧化が良い…だけではない足元の良さ、気付きました。
(写真の堀はイメージです。神社の中の堀をみていたら水の流れに想いが…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »