« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

レミパンで大成功!スモーク!

レミパンで大成功!スモーク!
平野レミさんプロデュースのフライパン「レミパン」でスモークスモーク!
スモークなんてアウトドアでしか出来ないと思ってました。
付属のレシピ通りに、卵・チーズ・ささみをスモークしてみました。

フライパンにホイルを敷いて、紅茶の葉・砂糖を各大さじ三杯ずつふりかけます。そこに蒸し皿を敷いて、材料をのせたら蓋をして火にかけて、少し煙が出たら弱火で15分。
私はローズマリーを入れて燻しました。

味付けは塩。

か・な・り、上手くいきました。
夫だけじゃなく、私もたまには面白い料理しますよ〜(*^_^*)

良い香りと香ばしさにも癒されます。

他のフライパンや鍋でも出来そうですが、深いほうがやりやすいようです。
強火だと鍋を傷めるので弱火でどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

北京ダック@全娶徳

北京ダック@全娶徳
北京に本店がある北京ダックのお店「全娶徳」。

北京に出張に行ったと言う夫の同僚オススメのお店が新宿南口にあります。銀座にもあるそうです。

率直な感想…大当たり〜!
今回は私の先輩が仙台からいらっしゃって、偶然その方が夫の恩師とも旧知の仲ということで、おもてなしです。

サービスも完璧でとても楽しくスムーズに過ごせました。「良かったね、ありがたかったね」、とは帰って来ての夫との会話。

ダックの皮だけを食べるのではなくて、お肉の部分も食べます。食べごたえがあるのに、脂っぽくない!三人とお土産分で、一羽!まるごと頂きました。

幸せな一夜でした。

また食べたい〜〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

渋谷で有機野菜

渋谷で有機野菜
渋谷のセルリアンタワーそばにある、エトソナ。
野菜の…という意味だとか。
東北つながりで仲良くしていただいている先輩達に教えて頂いて行きました。

気取らないお洒落な感じお店で美味しく楽しい時間を過ごしました。
ワインもとても手頃で嬉しかったです。
いつも家で飲んでいる大好きなワインもあって、大体の市販価格もわかる訳ですが、良心的だと思います。
しかし、私の住む東京の東側から西側の渋谷に行くにはどうしても渋谷駅の猛烈な雑踏を通らなくてはいけないのが残念です。
渋谷を通らずに西側に行くにはどうしたら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりサーカス!

やっぱりサーカス!
何年ぶりでしょう、サーカスを見たのは。
これが超、超面白かったんです。モスクワから来たという二クーリンサーカス。歴史あるサーカスで、1880〜続くそうです。
もう、これは伝統芸能なんでしょうね。
空中ブランコやジャグリング、ピエロさんや動物の曲芸…。
長い世代の継承がなくてはあの技は出来ないのではないでしょうか。
大きな熊さんが、人間のように逆立ちしたりジャンプしたり私は完全に負けてます。
赤ちゃん熊の時からサーカスの皆さんと暮らしてるからこそ出来るんでしょうね。
おっきな熊さんが、お客さんの子供達を隣に写真撮影会してました〜!

何時の時代もサーカスって大人も子供も目をキラキラさせて見るものなんですね。
おじいちゃんおばあちゃんも!

人間が必死に何かやる…生身の肉体で…と言うのは人の心を打つんでしょうね。
幸運にもアリーナ席で演者さんたちの飛び散る汗まで感じました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

家もつ鍋

家もつ鍋
かなりそれらしく出来ましたね〜。
だし汁は鰹と昆布と中華スープに醤油。
お店でたべるよりかなりあっさりでした。
柚子胡椒が合いました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

源氏物語が人気の理由は?

源氏物語が人気の理由は?
源氏物語千年紀。
どうしてこんなに人気があるのか?
高校の古典の授業でやりましたけど、全くつかめませんでした。
よく理解出来ないんだけどいつも気になる存在…。

そんな素人の疑問に答えてくれる本がありました!
島内景二著『源氏物語ものがたり』新潮新書。
紫式部の源氏物語から千年の間に、物語を訳したり研究したりしている九人を取り上げ時代毎の系譜や功績を分かりやすく解説してくれます。

源氏物語は正編と続編あわせるとなんと、75年もの長さの語り。私のこれまでの人生の二倍以上の長さのお話なんですね。
長い〜。

著者曰く、「源氏物語は人生の百科全書」。人間の誕生から死去まで人間が経験する出来事の全てが凝縮していると言う。
ありとあらゆる恋のバリエーション、男同士の友情と戦い、女同士の嫉妬和解、芸術…が詰まっていると。「限りあるたった一度の人生に縛りつけられている読者でも、源氏物語の最初のページを開けば『無限の人生』への入門を許可される。読者は、何にだってなれる。何だってできる。どこへでも行ける。どんなにだって生きられる。人間に許されているすべての行為が認められ、人間が抱くすべての感情が体験できる」。
…すみません、この本を読むまで、源氏物語は女たらしの主人公の話なんじゃないかと思ってました。ごめんなさいです。
これからは折に触れて、源氏を味わいたいと思います。
千年も前に人間の強さも弱さも見つめた源氏物語。
私の浅はかな疑問にしっかり分かりやすく応えてくれた島内先生に感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

メリル・ストリープさんへのインタビュー!

メリル・ストリープさんへのインタビュー!
映画『マンマ・ミーア!』の公開に先立って六本木ミッドタウンのリッツカールトンで行われた各マスコミのインタビュー。私たちも各局の方々と同じ持ち時間七分。
この短い時間を如何に有効に使えるかをひたすら考え実行出来るかがインタビュアーの力の見せどころです^ロ^;。
何日も前から、あーでもないこーでもないと考えるのですが、私が緊張したって仕方がないわけです。(*^_^*)
とは言うものの緊張しましたが…。
しかし、取り越し苦労でした。
さすがの大大女優。器が違います。
まるで燦々と降り注ぐ太陽の光のように暖かく迎えてくれたのでした。
しかも通訳は、私が勝手に大尊敬している戸田奈津子女史。
私の質問以上に的を得た通訳で、プラスアルファの答えをもたらして下さっていました。
感謝感激でした。
お二人の巨匠と七分を過ごせた喜び…。

メリルさんがお話下さったのは、以下の様な事でした。

●この映画には、女性の人生の幸せが全て入っている。
●911の同時多発テロの時、ニューヨークに住んでいて娘達もとても沈んでいた。そんな時、マンマ・ミーアのミュージカルの広告を見て、これだ!と思い娘達を無理矢理劇場に連れて行った。そしたら、劇場を出る頃には娘達や街の若者達が思わず踊りだしていた。それだけ力のある題材。暗い世の中のように思えるけれど、とても幸せにしてくれる。

●(ダンシングクィーンを歌いながらベッドでジャンプしてましたね、私の母と同じ年とは信じられない!今年60歳。)
あなたのお母さんも、きっとできるわ!


等々…。
確かに団塊世代の応援歌にも思える映画でした。
50代60代の男性女性にもススメたい映画です。
大人がとてもイキイキしていましたから!


インタビューが終わって記者会見の後、チャリティー試写会があり、なんとなんと!!!皇后さまが!ご臨席になられました。
メリル・ストリープさんのお隣で映画を鑑賞なさいました。
皇后さまは、本当に神々しかったです。
見ているだけでなんだか胸がキュンとなるような本当に素敵な方でした。

今回のチャリティー試写会は社会福祉法人あけの星会のと映画会社東宝東和の主宰でした。

あけの星会は全国50以上の施設等に助成を行っている団体です。

このような慈善映画の際の寄付も役に立つそうです。
大きな商業資本が協力することで沢山の人が集まり、世の中の役に立つ力になる…。今の時代だからこそ、いえ何時の時代も社会の許容力を大きく持ちたいものですね。

たくさんの愛を感じた週末です。

(写真は映画『マンマ・ミーア!』パンフレットから)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

『マンマ・ミーア!』&メリル・ストリープに会う!

『マンマ・ミーア!』&メリル・ストリープに会う!
生きていて良かった〜〜!ミュージカル映画『マンマ・ミーア』公開で来日中のメリル・ストリープさんにインタビューをさせて頂くという幸運に恵まれました。大興奮!!
メリル・ストリープさんと言えば、アカデミー賞最多15回ノミネート(今回もノミネートされていましたから、15回!)内二回受賞、まさにハリウッドの宝ともいうべき方。私の大学時代の英語の教科書にも載っていて、私には偉人!と思える方です。
まさかまさか直接お話を伺えるなんてことが、もはや実現されようとは…。

主演の『マンマ・ミーア!』は全編あの70年代世界中でヒットしていまなお世界中が口ずさむABBAの曲。メリル・ストリープや『007』のピアーズ・ブロスナンが吹き替えなしで歌います。見ていて気持ちいいですよ〜!
久しぶりに胸のすく映画でした。
心臓のあたりから沸き上がってくる幸福感&勝手に歌いだして踊り出しちゃうおかしみ。
アバの曲「ダンシングクィーン」「マンマミーア」の流れるシーンでは、映画館で座っているのが大変なほど(^O^)

私はこの映画を二回見ましたが、嬉しくて楽しくて泣けてくるほど!

キャストと歌とストーリーとが超気持ち良くしてくれます。

人を幸せにする、という映画の役割を見事に果たしてくれてます。
映画は高くて…という方も『マンマ・ミーア』は見に行く価値アリ!だと思います。

さあ、いよいよメリル・ストリープさんへのインタビューのお話です。

暖かい光に包まれたような…そんな方でした。
にこやかに楽しく、丁寧に応えてくれました。

詳しい解説は次回!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

35年前にタイムスリップ

35年前にタイムスリップ
千駄木には、その道の有名古本屋さんがあります。そこで見つけた[暮しの手帳]。私たち夫婦が産まれた年の産まれた月の本がありました。
ドキドキ。

確かに昭和のレトロ感満載ですが、基本スタンスは変わってないんですねぇ[暮しの手帳]。
ある意味、スゴいです。
35年前は電子レンジの商品比較を、今は子供用携帯電話の商品比較等々。

信念がブレないように、一切の広告を入れていない、今や異色の雑誌。

硬派です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

文京区の図書館

文京区の図書館
仙台から引っ越してきてびっくりしたのが文京区の図書館の利用しやすさ。
千駄木の我が家から歩いて十分圏内に二つの図書館があります。
徒歩5分で本駒込図書館、10分で本郷図書館、20分で根津図書館。
開館日の平日は朝9時から夜8時まであいてます。
本は30冊まで二週間借りられます。
返すのはどこの図書館でも良いし、時間外でもポストに入れればOK。

ここ二年ほど通ってますが同じ区内の図書館でも、少しずつ個性があるんですよ〜。
私が感じるに、本駒込はジャンルを問わない蔵書の豊富さ・本郷は文人が多かった地域性か文学に強く・根津は子供の本がたくさん。
多い時は週に二回は行く図書館。楽しみ尽きないですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

楽旨タルタルソース

楽旨タルタルソース
最近はまっている自家製タルタルソース。
もっと早く気が付けば良かった〜と悔しいくらい美味しいです。
マヨネーズ・みじん切りの漬物・レモン・塩胡椒・マスタードをまぜるだけ!
マスタードはあってもなくてもいいし、漬物はだいたい何でもグー。
かなりいい加減で良い加減の味になります(^ε^)-☆Chu!!
ちなみに我が家の糠漬けや市販の漬物でも美味しくできました。
フライやハンバーグ、サンドイッチにも!
漬物の乳酸菌がたっぷりとれます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

彩り蟹丼

彩り蟹丼
蟹缶でカニ玉丼。
鮮やかで爽やか元気カラーです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ふたごたまご

ふたごたまご
わ!有り難う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

TaBiMoたびも

TaBiMoたびも
私の敬愛する友人達が心血を注いで作ったガイドブックです。
私が知り合ってから十五年になる方々ですがその頃から東北を車で走り回って来た、東北観光の超プロフェッショナルです。
何十冊ものガイドブックを作って来た彼らですが、今回も秀逸!なんといっても見やすい&分かりやすい&使える。
例えば、仙台に行ったら何を見ていいのか?美味しいものは?その位置関係は?といったことが巻頭の地図からたどっていけます。
自分でルートを組み立てるのもよし、オススメルートをいくもよし。
東北出身の私が見ても王道から通な穴場、新進気鋭のレストランまで網羅していて正直びっくりです。
私も情報番組でかなり東北各地取材に行ったと自負していますが、完敗です。
そりゃそうだ(^ε^)-☆Chu!!
初めて出かける人にも、住んでる人にもオススメ出来ます。
本屋さんでみてみてちょ。(版元・昭文社)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

眠れる森の美女

眠れる森の美女
生まれて初めて本物のバレエを見ました。遅いっ。
ウラジミール・マラーホフ(男性)さん振付けで東京バレエ団出演です。
もちろんオーケストラ。
東京文化会館の二階からの観劇で舞台下のオーケストラの様子もよく見えて嬉しかったです。
バレエは歌や言葉ではなく踊りや動きで感情や物事、時間経過まで表現出来るって凄いですね。
びっくりする事に、無音の時間もあって、それを許容する全体の構成も興味深いですね〜。
オーケストラの音が止む無音の時間は、バレエシューズのコツコツ…という音だけ。
そして、振付けの大胆さや踊り手の驚異的な身体能力にもびっくり。
衣装も綺麗な春を感じるグラデーションで華やか!見飽きません。
振付けのウラジミールさんは悪い魔女役で登場。圧倒的な存在感って、まさにあんな感じなのでしょう。出てくると空気が変わる!悪者なのにもっと登場して欲しいと期待してしまう…。隣に座った奥さんが教えてくれたのですが、ウラジミールさんがヒール役をやるのは世界のどんな公演でもないとのこと。奥さんは公演中、ウラジミールさんを見るために毎日のように通うのだそうです。
そこまで惹き付けますか!言葉に頼らない表現方法に感じ入った三時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

腸のお掃除!

腸のお掃除!
ゴボウといわしつみれ鍋。簡単です。
しかも、おならがブッブッ!
お通じ最高です(*^_^*)
失礼!
ですが教えたいくらい凄いのです。
作り方も楽々。だし汁(うちは鰹と昆布ですがお好みで)でゴボウを煮ていわしつみれを落として、お醤油で味を整えるだけです。
いわしは手開きにして骨から外して、お酒・塩・ショウガと合わせてミキサーでガーッ!形を整えて鍋に落としたら火が通って出来上がり。
いわしの旨みとゴボウの香りに大満足。
いわし六尾にゴボウ四本で他の材料を入れても千円しない家計に優しく腸に効くヘルシーうまうま鍋!オススメです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

冷蔵庫マジック

冷蔵庫マジック
ぶっかけうどんに、海苔・キムチ・納豆・とろろ芋・梅・ワカメ・さらしネギ・天かす…。
冷蔵庫の常備菜だけでこんなに豪勢になるなんて、感激!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

粟ぜんざい@みはし

粟ぜんざい@みはし
憧れの「みはし」の粟ぜんざいです。やっと食べられました。
上野や上野駅、上野松坂屋に入っているあんみつやさんです。
これがいつも沢山の人が並んでます。ずらーっと。
いつもはこの列を見ただけで諦めていましたが、
この日は並ぶ覚悟で参りました。
うう〜ん、やっぱり美味しかった。
熱々のこしあんがたっぷりと蒸かした粟の上にのっかって、それをお箸で少しずつ頂きます。
お餅より軽いんです。
うぅ〜ん。
時々、紫蘇の実漬けを食べながらお茶飲んでふぅ〜。並んでも食べたくなる、おじいちゃまおばあちゃまの気持ちわかります〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

泉鏡花集「外科室」

泉鏡花集「外科室」
新聞に出ていた泉鏡花の小説「外科室」。
気になって図書館で借りて来ました。
5400円もする本なんですね。図書館有り難う。

さてさてあらすじは、
名門家の奥様が、助からないかもしれないという病気で手術をすることになったものの、麻酔をかけると心に隠していることを話してしまうから麻酔はかけずに手術して欲しいという。心配しながらも麻酔をかけることを懇願する夫。それでも頑なな妻。医者はとうとう麻酔をかけずに胸を開いていくのですが…。

その結末は…読んでください。壮絶、とだけ言っておきましょう。
ただ、難点が少し昔の日本語表記なのでスルスル頭に入ってこないこと。
ところが、声に出して音読してみたら!びっくり!意味がちゃ〜んとわかるじゃないですか。
私が古語がわかるわけじゃありませんよ。
音にしていくと不思議と掴めてくるんです。
慣れない文章ですからひっかかるんですが、何度かスムーズに読めるよう練習すると意味までスルスルわかってくるんです。
お試しあれ。

壮絶なお話の結末は…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

びすたーり

びすたーり
「びすたーり」とはネパール語で「ゆっくり」という意味だそうです。
「びすたーり」がこのレストランの名前。
仙台市長町の地下鉄長町駅降りてすぐ、JTBの隣です。
築130年の古民家を改築リフォームした、なんとも味わいあるおしゃれなお店です。しかも、お料理が美味しい!私はネパールカレーがオススメです。
ちっちゃなデザートやしっかり濃いコーヒーも付きます。
使う野菜はなるべくスタッフ自身が畑で栽培したものを…と言うこだわり。
素敵なお店見つけました。と言うか先輩フリーアナウンサーで朗読家の渡辺祥子さんに連れて行って貰ったのです。
すごいのが、実は障害のある方々の就労支援NPOが運営しているということ。
地元紙などにも取り上げられ、期待大!
働く皆さんは障害があるということですが、皆さん丁寧に運んでくれたりサーブしてくれたり、大満足でした。
聞けばしっかり調理や接客のトレーニングもプロについて学んだそうです。
民間のお店と比べてもおしゃれ度、美味しさ、サービス、居心地の良さは負けてないどころか、こんなに寛げるお店はそうはないですよ〜。
女性はやっぱり正直で連日、奥さん方でにぎわっているようです。もちろんお子さん達も。
こういう形態で運営が成功しているところは珍しいそうで、注目を集めそうですね。
行けば、「びすたーり」出来ることまちがいなし。
今、私イチオシのレストランです。
電話0223527651月曜休み。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

激安!サンキ

激安!サンキ
今日の散歩の途中で見つけた激安ショップ。
田端銀座にある衣料品のお店。
山手線田端駅よりも駒込駅の方が近いです。駒込駅から徒歩3分くらい。
いや〜下赤塚の、のとやもびっくりの安さでしたがこちらも負けていません。
ストッキングやタイツは百円代!下着もどうしてなかなか、ブランドものもあったりして、やる〜。
子供服もありました。

おじいちゃんおばあちゃんが夫婦で滑り止めつきの靴下を探している図になんだか涙が…うるっ。

軽く興奮しました。
ご近所にこんな庶民の味方のお店があったとは、灯台もと暗し。
賢い生活者を目指すものとしてはしっかりチェックしますよ〜。
浮いたお金でランチしよっと♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

世界最大級

世界最大級
ため息がでるほど、綺麗でした。
なんと、あのバカラ社が作ったと言う世界最大級のシャンデリア。
長さ五メートルもあるそうです。
きっと光の屈折とかいろいろ計算されて出来上がっている光なんでしょうね。
恵比寿ガーデンプレイスに飾られていました。

憧れのバカラ。
何年か前に、ついに自分たちで購入したグラスがありました。
焼酎!を飲んだりしてなんとも嬉しかったのもつかの間、3ヶ月ほどで2つも割ってしまいました…。トホホ。
それ以来、ショーウィンドウを眺めるだけです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

花びらグラス

花びらグラス
ちょっとしなってしまったお花を捨てるのは忍びない…。
で、お水を入れたグラスに入れてみました。
彩りも良くなって、なかなかgooです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

下町よみせ通りの薔薇

下町よみせ通りの薔薇
驚いてくださいな。
おいくらに思います?この薔薇。
ニヒャクエンです。はい、200円。
一本じゃありませんよ。
この束で、です。
これだから下町通いは止められません。
ちょ〜っと花びらか痛み始めていたところがありましたが、チョイチョイと取ってバランスを見て花瓶に生ければ、楽しい!
わ〜い。
得したなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

お稲荷さんで商売繁盛

お稲荷さんで商売繁盛
お稲荷さんは商売の神さん。
赤い鳥居は奉納されたものだそうで、赤い鳥居が多いほど御利益がありそうです。
皆さんの今年のお仕事が楽しく明るく、そしてお金も入って来ますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

お正月の櫻

お正月の櫻
寒櫻、寒さの中で凛と咲く。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ご飯と切り干し

ご飯と切り干し
ご飯を噛みしめながら、切り干し大根の旨味を味わいます。充分満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お節のおしまい

お節のおしまい
お節を並べ替えて、うーめんと。
最後まで残さず食べることに有り難さを感じつつ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

明けまして!

明けまして!
おめでとうございます。
新幹線からの富士山、栃木県小山市あたりからの写真です。
新幹線から見える富士山の北限は小山あたりかなと思っています。
全体に雪の衣装をまとった神々しい富士山。
今年もみなさんにとって、あッ!晴れな一年になりますように!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »