« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

夜、木蓮降る

夜、木蓮降る
桜とバトンタッチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペイン坂の桜並木

スペイン坂の桜並木
六本木通りとスペイン大使館を結ぶ、スペイン坂。

収録スタジオの脇の道です。

毎年の楽しみです。

何人もの方がやはり、携帯で写真を撮っていました。
皆、同じ気持ちになる良い季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寛永寺本堂と桜

寛永寺本堂と桜
寛永寺根本中堂(こんぽんちゅうどう)。

江戸時代は上野の山のほとんどがその敷地だったといいます。

江戸城と上野。
二つの大きな勢力だったのですよね。

庶民が狭い長屋に住んでいた事を思うと、その権力はさぞやすごかったんでしょうね。

と言っても、ほんの百年ちょっと前なんですよね。

天障院篤姫のお墓もあるそいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三分咲き谷中霊園

三分咲き谷中霊園
まだ寒かった週末。

谷中霊園には、花より団子のみなさんが沢山。

お墓のすぐそばで賑やかに楽しんでました。

芸大が近いせいか、バイオリン等を奏でながらお花見しているかた達も♪

風流ですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

十勝帯広空港

十勝帯広空港
4月もすぐなのに
雪でした。

北海道の自然の厳しさ感じました。

ゴールデンウィークまでは根雪が溶けないそうです。
でもでも、気温がマイナスでも…牧場では外でソフトクリームを食べる北海道のかた達!
尊敬します。

夏にもまた来たいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

上野花見散歩

上野花見散歩
咲いてました!

五分咲きというところでしょうか(*^_^*)

結構寒かったですけど、すでにブルーシート敷いて飲んでいる人達多かったです。

おっきな樽酒の横に升を階段状に積んで場所取りしていたり。

外国の観光客の方は面白そうに写真を撮っていました。

週末の上野公園は例外のように歩けないくらい混みそうですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

映画:デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~

5月1日公開のジュリア・ロバーツ主演映画

『デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく』

一足先に見させていただきました。

監督脚本は、アカデミー賞7部門ノミネート『フィクサー』のトニー・ギルロイ。

この方の頭の中の構造は一体どうなっちゃっているんでしょう!

トリックに次ぐトリックで一瞬たりとも気を抜けません。とてもとても巧妙なストーリー。

ものすごく頭の体操になります&痛快!happy02

見ている私の頭の中はこんな感じでした↓

「ふむふむ、ほう。え~っと。あ、なるほど。あれっ?そうか。

えぇ!!そうきたか。ひょえ~~なんと、大・どんでん・返し!!!smile

全く、予想できない結末です。

 元CIAのクレア(ジュリア・ロバーツ)と元MI6のレイ(クライヴ・オーウェン)。アメリカとイギリスの諜報機関にいた美男美女が企業の情報戦を舞台に繰り広げる嘘と愛のジェットコースター的生き様。お互いにお互いをスパイし合い、何が嘘で何が真実かわからなくなる。

 二つの企業の情報戦争な狭間で、それぞれのスパイはどちらにつくのか。いつもどの瞬間に、どちらの企業に雇われ、はたまた寝返っているのかわからないんですよね。

 どこまでが嘘でどこまでが真実なのか。さぁ相手は次はどんな行動にでる?いつも相手の一歩先を行かなくてはいけない。いや、すべてを見通さなくてはいけない。いついかなるときも考え、騙し続ける・・・心臓が痛くなります。

でも人間って嘘をつけない大事な気持ちがあるんですよね。それは自分に嘘はつけない部分。でも、心とはうらはらにプロフェッショナルとしての行動基準があって・・・。二人の男女は苦しいわけですな。

しかし本当に面白いくらい嘘をつきます。小さい頃、「嘘はいけませんっ」って怒られましたよねcatface。ここまで、嘘に嘘を重ねると逆に真実が見えてくるってことがあるのではないでしょうか。徐々に点と点が繋がって平面のパズルがはまっていく・・・

するとそれが空間と時間を持ち立体的になっていく・・・映画が終わるその瞬間、

ルービックキューブの最後の一つがカチッと合うような快感。そして、きっとニヤリ。2時間たっぷり主人公と同じ、ハラハラドキドキの推理と切なさ、味わえます。

そして、やっぱり、ジュリア・ロバーツは魅力的でした!

5月1日公開。配給:東宝東和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

念願のまん丸鉄器

念願のまん丸鉄器
先日、かっぱ橋で購入したのが、南部鉄器のまん丸鍋。
柄も取っ手もついていない見事なまん丸です。

早速、野菜クズを焼いて鍋に油をなじませたら本番!
トリモツ焼きにしました。
意外ににも焦げにくく、強力な熱伝導のせいか、モツ類の臭みもほとんど感じられない美味しい夕飯になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

満腹コーンスープ

満腹コーンスープ
小さい頃、コーンスープをお腹いっぱい食べたいと思ったことありませんか?

大人になったら、誰にも遠慮なく、お腹いっぱいコーンスープ食べます。

玉ねぎをベースにホワイトソースを作ったらコーンの缶詰めと一緒にミキサーにかけて滑らかにします。
この時、!ご飯も少し入れて、豆乳と牛乳も入れて、がーっ。
鍋で暖めて…出来上がり。
パンやワインと召し上がれ。

ふわ〜、満腹幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっぱ橋のゴールド河童!

かっぱ橋のゴールド河童!
どうだ、と言わんばかりのゴールド河童。等身大です。
といっても、実際の河童の身長は分かりませんが…。わたしよりは大きかったです。
浅草かっぱ橋商店街のシンボルです。

その昔、その辺りは水害に悩まされていました。ある男が一所懸命に水害を防ぐべく土を盛ったりしておりました。
しかし、どれだけやっても進まない。
それを見ていた河童が夜な夜な、工事をしてあげていた…というお話。
とっぴんぱらりのぷっ。

今はかっぱ橋商店街はプロフェッショナル用のキッチン用品やらお皿やテーブル、赤提灯まで、ありとあらゆる飲食に関する業務用品があります。

散歩がてらちょこちょことお買い得品をみつけるのが楽しいです。

この日のお買い物は…。

次回!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

香蘭社の異人さん

香蘭社の異人さん
先日行って来た長崎の自分お土産です。

長崎は伊万里や有田に近く陶器も沢山見られます。

このカップは有田の香蘭社のものです。

三百年前元禄文化の花開いた頃に、その起源を持つという香蘭社は繊細な紋様と品のある華やかさが特徴だと思います。

何故私が香蘭社を知ったかと言うと、秋田の祖父母の家で沢山使われていた器だったからです。
今思えば、亡くなったおじいちゃんはなかなかハイカラなのでした。
食育ならぬ、器育、とでも言うのでしょうか。
知らず知らずのうちに器に興味が出てくるようです。
香蘭社の器の多くは華奢な紋様が多いように感じますが、私がいいなぁと思うのは時折見つける、写真のようなお茶目な柄のものです。

春彼岸の今日、おじいちゃんを想います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

映画:路上のソリスト

 ご縁があって、試写を見させていただきました。

五月公開予定のジェイミー・フォックス、ロバート・ダウニーJr主演映画「路上のソリスト」。ロサンゼルス・タイムズのコラムから生まれた実話をもとにした映画です。

LAタイムズのジャーナリストが、路上生活をしながらバイオリンを弾く黒人男性に興味を持ち取材してコラムに書こうとするところから物語は始まります。

記者(ロペス)は、精神的に不安定な路上のソリスト(ナサニエル)を取材するうち、ナサニエルが類まれな音楽の才能を持っていることに気がつき、コラムを書きます。そのコラムは大きな反響を呼び、読者からチェロをプレゼントされたり、行政が路上生活者支援に動き出したり、二人の周りに変化が起きていきます。その中で、芽生えていた二人の信頼関係が揺らぎ始めていく・・・。

と、あらすじはこのくらいにして、私の感じたことを。

LAタイムズのコラムを読んだ映像関係者は、「活字の行間から訴えられる感情を映像で表現できるか、この実話を映像で訴えたい!」と強く思い、挑戦をしたかったのではないか・・・。そう思えるほどに、社会や個人の葛藤を感じます。

記者は取材対象者との壁を自ら取り払ってしまった、そうしなくては相手の懐に入って目指す取材ができなかった。後戻りはできない。そして、その魅力が相手にあったのですね。これ以上入り込めば、相手の人生を背負い込んでしまう、自分の人生と交わってしまうという境界を越えてしまった(こういうジレンマって仕事や市民活動においてもありますよね)。

心も体も疲れ果てた記者は、図らずも徹底的に自分の内面と向き合うことになってしまう。

その時、記者はその状況を受け入れられるのか、否か。

その問いは、見ている私たちにも向けられます。

自分に起きる事を引き受けられるのか。

貧困や格差、だけでなく常識や一般論。ある人の幸せのためになにが大切なのか?疑問を持って対峙しなければいけない時がありますよね。

人間の感覚を最大限に拡張させることができる道具、楽器。人は不器用な路上のソリストが楽器を、音楽を信じ続けるように何か核を持って生きられるのか。。

この映画で一番伝えたかったことは・・・

『社会に必要な寛容』と、受け取りました。

あなたはどのように感じるのでしょう。

沢山の複雑な思いを呼び起こしてくれる映画です。

公開は五月予定。

配給:東宝東和

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

団子坂の夕暮れ

団子坂の夕暮れ
千駄木の団子坂。
坂の上にあるお肉やさんで豚カツを揚げてもらって、お豆腐やさんで絹ごし一丁買って。

背中があったかい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

鰤竜田

鰤竜田
ぶりの竜田揚げ。
天然ぶりが安くなってきたようです。

一昨日は塩焼き。
昨日は竜田揚げ。

お醤油やみりん、生姜のたれにつけこんでから片栗粉着けて揚げます。

ご飯に最高!
お腹にご飯がすっとんで行きます。

今日は塩をきかせておにぎりに入れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

大航海時代

大航海時代
気分はパイレーツオブカリビアン。

ハウステンボス紀行。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王宮の庭

王宮の庭
オランダはチューリップの球根バブルが有名ですね。
綺麗なチューリップに歴史的背景を想います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長崎の春

長崎の春
雪の白さに最後の敬意を。
白木蓮満開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬

白馬
ハウステンボスにはJRAの場外馬券売り場までありました。

馬車が走ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白木蓮が満開

白木蓮が満開
水仙やチューリップ、そして白木蓮が咲き乱れるハウステンボスの3月。

5月は薔薇が見事だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運河

運河
ホテルヨーロッパには運河を船で入ります。

白鳥も泳ぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユトレヒト

ユトレヒト
オランダ趣味のハウステンボス。

写真は各国料理のお店が並ぶユトレヒト。

オランダのユトレヒト州からとった名前ですが、ユトレヒト州にも写真の様なランドマーク的塔が本当にあるようで、徹底的な作り。
ここの韓国料理店とイタリア料理店に入りましたがどちらも美味しかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ホテルヨーロッパ

ホテルヨーロッパ
ハウステンボスはオランダのアムステルダムをメインにヨーロッパ趣味のテーマパークです。
1992年に完成したそうです。
それにしても見渡す限り、確かにヨーロッパ!

その模倣のスケールの大きさにびっくりしました。

確かに、バブルの時代の勢いがなければこれほどまでの巨大な建物群は出来なかったでしょうね〜。

昨今の景気では思いもつかない規模でしょうね。

維持するのは大変でしょうが、バブルの凄さを体感しました。

バブリーな話題を一つ。
ハウステンボス内には運河に囲まれた別荘が沢山あるのですが、建った当時は一棟一億円〜七億円!
ちなみに、今も完売状態だそうですが普通の住宅として住んでいる方も多いそうです。
家がハウステンボス内ってゴージャスですね。
確か住所も「ハウステンボス町」だったような。

写真は今回二日間泊まった、ホテルヨーロッパ。
ホテルオークラ資本のようで、レストランもサービスも素晴らしかったです。

「ホテルヨーロッパ」はオランダに実在する老舗ホテルで、そこよりもグレードアップさせて作ったそうです。
従弟がオランダで働いているので、オランダまでは行けない祖母に少しでも雰囲気を味わって欲しい…というのが今回の旅の目的。

平日休める親戚女性陣と祖母と行って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パティオ@ハウステンボス

パティオ@ハウステンボス
ハウステンボスにはいくつもホテルがあるのですが、それぞれ特徴があります。小さなホテルには中庭に可愛らしいお庭が。

良く手入れされたパティオは、イタリアでのぞき見たアパートの中庭のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コテージ@ハウステンボス

コテージ@ハウステンボス
以前に取材で行った、ニュージーランドのミルブルックの様です。

全てのコテージが運河に向いていて、そばには専用レストランのシェフのお庭があって…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

オランダ趣味

オランダ趣味
チューリップの本場オランダアムステルダムを模したハウステンボス。

青空に回る風車に異国への想いを馳せて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩りチューリップ

彩りチューリップ
ハウステンボスの手入れの行き届いたチューリップ畑。

ポカポカ春。

チューリップ、かわいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

ホテルヨーロッパ@ハウステンボス

ホテルヨーロッパ@ハウステンボス
ハウステンボスで擬似オランダ体験。

レストランのワインはラフィットで作られたポイヤック村のものだそう。

ハウステンボスあなどれません!

ホテルには運河を船で入ります。

風車を横目に色とりどりのチューリップに囲まれて白鳥の遊ぶ水面を楽しんで…。
ヨーロッパの雰囲気そのままにサービスがとても心地よいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

まな板磨き

まな板磨き
ヤスリでキコキコ、磨きました。

黒ずんで来ていたところもスッキリ、新しい木が顔を出して爽快です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

日曜散歩@上野公園の空!

日曜散歩@上野公園の空!
消防車がたくさんでて、子供達が喜んでいました。
啓発イベントですね。

皆楽しそうに消防車見たり乗ったりしてました。

小さい頃はなぜか憧れました。

写真は地上35メートル!ちびちゃんと、ママさんが驚きの声を上げる間もなくぐんぐん登って行きました。


この後は秋葉原まで行ってヨドバシカメラで小さな電池を買って、生パスタを食べて電車に乗って駅でケーキを買って家カフェしてお昼寝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜散歩@上野公園の桜

日曜散歩@上野公園の桜
オオカンザクラ。

一足早いお花見。

皆、写真撮ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜散歩@上野公園

日曜散歩@上野公園
日曜散歩の副題は「春を探して」。

毎年、この時期の楽しみですね。

大好きな上野公園の麒麟は梅の花バックに嬉しそう。
この麒麟は、上野公園そばの芸大の卒業製作だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜散歩@谷中

日曜散歩@谷中
我が家の千駄木から、秋葉原まで散歩に行くことにしました。
最短コースは、谷中を通って上野の山から御徒町を真っ直ぐで秋葉原。

先ずは谷中。

テレビや雑誌でよく取り上げられる、「谷中三叉路のヒマラヤ杉」。

元は小さな鉢植えだったとか!

寄り添うようにある小さなお菓子屋さん。

凸凹コンビがいとおしい風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

女性ボクシング@後楽園ホール

女性ボクシング@後楽園ホール
ご縁があって、後楽園ホールでボクシングを見る機会に恵まれました。

なんとも時代を感じる味のあるホール。
まるで「あしたのジョー」がフッと居そうな…。
飾らず、とにかく闘いだけに没頭するような…。
リングだけに光が当たるような…。

不覚にも初めてのボクシングで泣いてしまいました。その試合は、女性同士の闘いで、デビュー戦という若い短髪の女性VS保育園の先生。

デビュー戦の彼女は緊張の中あったように感じました。
保育園の先生は「なつ先生」。なんと応援団は保育園の子供達。
「なつ先生〜、頑張れ〜」
小さな身体から声を限りに応援します。

ラウンドを重ねるごとに、戦う両者は疲労の色が見え足は上がりにくくパンチは精彩を欠くように見えて来ます。

しかし、それを補った余りある気迫気力がリングからビンビン伝わって来ます。
なつ先生は子供達の声が聞こえる限り前に出ます。下がれない。
その意志が空気を伝わります。

相手も粘ります。

いい試合とはこういうものなのでしょう。

結果、判定でなつ先生が勝ちました。

相手側のセコンドについていた竹原元チャンプにもねぎらいの言葉をかけられていたようでした。

リングを降りて、グローブをしたままの手で子供達の頭を撫でる、なつ先生。

私、号泣。


凄いなあ、ボクシング。

女性同士は、同性としてとてもリアルでした。

シュッシュッ、ドスドス、というパンチの音がとても近いホールでした。

初めての後楽園ホールは、意外にも老若男女が来ていました。

強そうな男性が多かったですが。

私の後ろに座っていた女の子は、健康目的でジムに通っているとのこと。

ボクシングに対する意識が変わった初めての後楽園ホールでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

じぶ煮はワサビで

じぶ煮はワサビで
じぶじぶ、と煮るからじぶ煮だとか。

煮ている時の音だそうな。
じぶじぶ。

だし汁で野菜を煮て醤油やみりんで味を整えたら、片栗粉でトロミをつけるわけですが、その時の音、確かに。

じぶじぶ。

最後にワサビを溶き入れたら、出来上がり!召し上がれ。

ワサビは結構びっくりするくらい入れて大丈夫です。辛味は飛んであと引くワサビの爽やかな味わいがアクセントになります。

美味しいよ〜。

生麸を素揚げしたのを入れて見ました(京都の半兵衞麸@東京駅八重洲口出てすぐの京都館で買えます)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

愛用の…

愛用の…
花粉症必須アイテム、柔らかティッシュ。

ローション入りの高級ティッシュ。

値段が高い、なんていっていられません。
鼻の下が赤くなって皮がむけて大変なことになりますから。
ここが、お金を使うべき時ですな。

愛用のティッシュを「いせ辰」の風呂敷で包んでみました。
結び目をちょいっとつまんで隣の部屋や寝室に持ち運び便利です。

四角い風呂敷の二つの対角線上の角を真ん中辺りにあわせると風呂敷が亀の甲羅の形のようになります。
その上にティッシュの箱を置きます。ティッシュの箱の長い辺に亀の甲羅の長い辺が平行になるように置きます。ティッシュを取り出す口をあけるように、風呂敷の折り目を合わせたら、風呂敷の残りの対角線を結んで完成!
文字にするとかえってわかりにくいかな(~ヘ~;)
とにかく、写真の形になればOKです。
形が崩れやすければピンなどで止めても。

インテリアとしても気に入ってます。
花粉症の楽しみだいっ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

花粉症デビュー…

花粉症デビュー…
確かに…ここ何年かなんとなくこの時期、花粉症の雰囲気がありましたが。
認めてはいませんでした。
晴れて、本日、
花粉症と認定されました。
トホホ。

二週間前からぐずぐず。
先週は内科にて診療&投薬。

仕事は「何かハンデがあった方が上手くいく!」という得意の思い込みてなんとか乗り切ったのでした。
確かに、ちょうど雨続きの東京で、鼻ぐずぐずも軽減。治った!と思うのもつかの間、、今朝よく晴れましたね、青空で富士山も千駄木からよく見えましたね&強風…。

朝からくしゃみ連発、鼻から滝の如く流れる某。

アレルギー科にて先生は「確実に花粉症です」と。

一ヶ月分の薬を抱えるようにして帰ってまいりました。

漢方薬に、
鼻にシュッシュッ薬×2、
目薬、
等々。

これまでの人生で抱えるほど薬をもらったのは初めてです。

柔らかいちょっと高いティッシュを買い、確保。
マスクを選び、安心。

世の花粉症の皆さまはこんな状況でいらっしゃったのですね。

共感。

淡々と頑張ります。


梅の香の
かぐわしき風
記憶の中


お後がよろしいようで…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

土鍋麻婆茄子!

土鍋麻婆茄子!
火から下ろしてもしばらくグツグツ煮立っているので、ピントが合っていません。
動画にしたいくらいです。
グツグツ。

何せスープというかこの汁が美味しいんですから、あますところなく頂くために春雨を入れてあります。

今夜の我が家は大豆の水煮を入れました。
これがなんとも箸休めになるというか、ほっくり甘くて辛い麻婆茄子において安心感があります。
ナイス。

花椒の風味で、ご飯二杯!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蠣の土手鍋

牡蠣の土手鍋
牡蠣が大分安くなりました。二パックで五百円!
しかも、故郷宮城産。

ならば!

牡蠣の土手鍋。

だし汁で野菜を煮て最後に牡蠣を入れたら、鍋に土手を作ります。

味噌土手です。

味噌は甘めが、ぴったり来ます。
ちょうど「かき徳」の牡蠣鍋用の味噌を夫の姉から頂きましたので…。
かき徳、とは仙台の老舗牡蠣専門店です。

普通の味噌にみりんや砂糖を入れても十分です。

ふぅふぅ。
熱々牡蠣、じゅわっ。

至福。

土手の味噌を溶かしながら、ちょいっと具につけながらハフハフ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »