« 映画コラム『アジャストメント』 | トップページ | 2011NEW環境展 »

2011年5月25日 (水)

『武器なき“環境”戦争』

読んで良かった『武器なき“環境”戦争』
角川SSC新書『武器なき“環境”戦争』池上彰・手嶋龍一著

第四章地球温暖化懐疑論とメディアリテラシーは必読。

この本を読んでいると池上さんと手嶋さんが私の頭の中で丁寧にお話をしてくれる感じがします。

このお二人のすごさは、リテラシー能力の高さと丁寧さにもあるのではないでしょうか。
これまで表だって伝えられて来なかったニュースの背景と本質の掘出し、そこに信頼が寄せられているのだと改めて感じました。

伝え手のリテラシーと受け手のリテラシー。

この本は2010年に著された本ですが、震災後の今、情報との向き合い方とそれを糧としての次の行動に向かう指針となりそうです。

|

« 映画コラム『アジャストメント』 | トップページ | 2011NEW環境展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

環境・エコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『武器なき“環境”戦争』:

« 映画コラム『アジャストメント』 | トップページ | 2011NEW環境展 »