« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

フレッシュハーブ

フレッシュハーブ
ほっ。


すーっ。


ふーっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

シノワ風?ビーフン

シノワ風?ビーフン
魚介類沢山、野菜沢山のビーフン。

お皿のアレンジで、シノワ風!(^^)!


こちらのお皿は、六年前に結婚祝いで某テレビ局アナウンス部皆さまから頂いたお皿(●^o^●)


大事に日常で使っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

カメラ女子@小町テレビ

13300618684572_2

今回の小町テレビのトレンド小町のコーナーは

女子に人気のカメラの調査です。

トイカメラって御存じでしょうか。

私は初めて知りましたが、これがアナログでなかなか良いんです~。

フィルムなんですよ!データじゃないんですよ!

温故知新?!

そして、昨今のカメラやさんって、かわいいんですね。

ぜひ、私たち調査隊が撮ったほのぼの写真ごらんくだされ!

詳しくはこちらwink

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/tv/

ただいまテレビもオンエア中です。

2月19日から一週間(お知らせが遅くなり、失礼いたしました。↑での動画はいつでもご覧いただけます)

CS日テレG+「小町テレビ」

毎週日曜10時

再放送月曜22時

水曜・金曜・土曜11時半

土曜16時半

他、MXテレビ等でも放送中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとうございました!低炭素杯

Cocolog_oekaki_2012_02_24_11_15

今年も御参加下さった皆様のお力添えで、低炭素杯、大盛況のうちに幕を下ろしました。

低炭素社会のために地域で頑張る皆さんを力いっぱい応援します!というこの大会は、今年で2回目です。

前身の一村一品大作戦から数えれば、5回目となります。

今回は、108ものエントリーを頂き、全国大会には41のNPO/NGO・企業・学校・団体の方々が登場くださいました。

東京ビックサイト国際展示場で行われた

初日のプレゼンテーションに、二日目のシンポジウムと表彰式。

涙と笑いと誇りと喜びと賞賛と感動と驚きと・・・!

例によってハプニングもありつつ~~~

happy02

各団体の皆さんの取り組みの素晴しいこと。

本当に脱帽です。

CO2削減はもとより、組織内の活性化から、地元の産業の活性化

地域の赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで一緒に

笑顔になれる取り組みです。

主体は、幼稚園や学校、大学、企業やNPO、社会的企業、なんとお寺さんまで!

御自身たちの地域での役割を自覚し、貢献できる形を模索し実践しています。

スゴイゾ~~~~~sign03

グランプリ環境大臣賞は・・・・・・

【栃木農業高等学校地域おこしプロジェクト班】

拍手~~~~~おめでとうございますlovely

三年連続で全国大会に出場、中には一年生から取り組まれて三年生になって、この春卒業

という方たちもいらっしゃいました。

その三年間の万感の思いを語ってくれました。

八年間も御指導なさっていらした先生にも本当に頭が下がります。

その模様は詳しくは

こちら事務局の地球温暖化防止全国ネットのHPにて発表があります。

http://www.zenkoku-net.org/teitansohai2012/awards.html

(ちゃっかり、私も小さく写真に写ってますねsmile

そして今回はなんといっても、石巻市立湊小学校の6年生と教頭先生、さらに例年トロフィー製作をなさっている

齋藤公太郎さんが多大な貢献をして下さいました。

湊小のみんなが、石巻の「がれき」を素材にトロフィーの製作を手伝ってくれました。

齋藤さんは湊小のみんなの卒業制作の指導とトロフィー製作をなさいました。

教頭先生は、「湊小のみんなが元気でおります」ということを全国に伝えたかったとおっしゃって下さいました。

いわゆる「がれき」はゴミではありませんでした。

生活、そのものでした。その大切な思い出のおすそわけを、丁寧に磨いて、メッセージを書いて

みんなに届けてくれました。

勇気、頂きました。

齋藤さんも御自身に出来ることは何だろうかと、大変な葛藤の中で一歩づつ製作指導をしてくださったのです。

今回は、湊小から代表の方々にお越しいただいて、御自身の手でトロフィーを渡してくださいました。

受賞者の皆さんもとてもとても大切に受取っていらっしゃいました。

風評被害と戦い続けている福島から御参加下さった企業の方、

被災なさりながらもBDFで震災直後から支援に走り回った岩手や宮城の皆さん

持続可能な社会へ向けて、じわじわと活動を広めている全国の皆さん、

本当に有り難さと誇らしさでいっぱいです。

この二日間皆さんがお伝えくださった行動が、

強くしなやかに復興と持続可能な社会への確実な歩みとなっているのはゆるぎない事実です

SPECIAL THANKS

秋田の菊地さん、墨田区の林さん、事務局、裏方スタッフ皆さん、参加なさった全てのみなさん!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

光の春

光の春
梅!

青山にて(●^o^●)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

低炭素杯はじまりました!

低炭素杯はじまりました!
ビッグサイトにて低炭素杯2012はじまりました!

昨日は、白熱したプレゼンテーション。

今日はいよいよ特別シンポジウムと表彰式です!(^^)!

ぜひ、ご来場下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

生態適応GCOE 国際シンポジウム@ 仙台

仙台出張です。
 
例年渋谷の国連大学で開催していた東北大学のシンポジウムです。
今年は、震災を越えて地元仙台での開催です。
 
 
私も、微力ながら母校に、ふるさとに役に立てるようがんばりますっ(^_^)ノ
 
 
大して出来ることがなくても、共に過ごせることが、嬉しいです。
 
 
 お声がけ頂いたことに感謝。
 
 
1日めの進行、櫻田です。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
       
グローバルセミナー東北「震災復興と生態適応」
 
〜国連生物多様性の10年とRIO+20に向けて〜
 
3月11日に発生した東日本大震災により甚大な被害を受けた地域の復興は今、国際的な関心事となっています。津波から人命を守る防潮堤の早期復元、インフラの整備、復興住宅の建設など、まちづくり計画が急ピッチで進められていますが、そこに住む人々の願いは「営みの復興」にあります。世界有数の漁場および農地を保有する東北地域の豊かさは生物多様性により支えられてきました。その回復を促すことが、より確かで持続可能な復興には欠かせません。またこれらの自然の恩恵による歴史的、文化的価値は大きく、この地域の人々の暮らしと街づくりの根幹となっていました。
そこで本セミナーではスウェーデンを環境先進国へと導いた立役者の一人であるTorbjorn Lahti氏から持続可能な復興の原則についてお話いただき、生態系の力を活かした自然との共生と震災復興について考えます。都市計画、防災、土木建築、産業復興にかかわる企業や学術研究者、大学院生はじめ、 自治体、NPO/NGO、一般市民の皆様の参加をお待ちしております。
 
期 日 : 2012年2月16日(木)・17(金)(2日目は被災地視察・希望者のみ)
会 場 : 東北大学・片平さくらホール(仙台市青葉区片平二丁目1-1)
 
主 催 : 東北大学、国際連合大学、(公財)国連大学協力会
協力大学: 岩手大学、宮城大学、宮城教育大学、福島大学、東北学院大学、東北工業大学、石巻専修大学
後 援 : 環境省、農林水産省、文部科学省、外務省、宮城県、仙台市、大崎市、(社)東北経済連合会、東北六県商工会議所連合会、復興大学災害ボランティアステーション
テーマ : 「東北の自然と文化を活かした災害に強い街づくり」
使用言語: 日本語(基調講演は日本語の逐次通訳つき/英語通訳希望の方はお申し出ください)
参加費 : 無料
 
プログラム:
【1日目(10:00〜18:00)】 
◆開会挨拶 東北大学総長 井上明久
       国連大学協力会理事長 吉川弘之
 
◆基調講演 (10:15-11:30)
Torbjorn Lahti 「災害に強い持続可能な街づくり」  
(スウェーデンIEMEA共同代表、スウェーデンの環境都市(エココミューン)創設者
 
 
◆課題提起 (11:30-13:00)
①岩手大学学長 藤井克己 「社会の多様性を生かしたコミュニティベースの震災復興―生態系に触れながらー」   
②国連大学副学長 武内和彦 「里山里海の再生を通じた震災復興地域づくり」
③東北大学大学院工学研究科 災害制御研究センター 津波工学研究室 教授 今村文彦 「新たな視点から取り組む津波対策と街づくり」
      
***ランチ***
 
◆パネルディスカッション (14:30-16:30)
モデレータ:国連大学副学長 武内和彦
パネリスト:環境省東北地方環境事務所所長 鳥居敏男(震災復興に三陸復興国立公園(仮称)をどう活かすか)
農林水産省環境政策課長 榎本雅仁(震災復興と生物多様性 −農林水産省の取組−)
宮城大学事業構想学部教授 風見正三 (コミュニティを主体とした地域資源経営―創造的復興を目指して)
東北大学アジア研究所 東北アジア研究センター教授 平川新(歴史文化をめぐる多様性の危機−震災の衝撃−)
東北大学大学院生命科学研究科教授 中静透(海と田んぼからのグリーン復興プロジェクト)
 
***ティーブレイク***
 
◆東北の自然−蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト イメージ映像(16:50-17:20) 
 
◆学生/NPOボランティア活動報告:(17:20-18:00)
 
◆閉会挨拶:東北大学大学院生命科学研究科教授・理事 飯島敏夫 
 
 
 
【2日目(10:00-17:00)】 被災地視察 (参加無料・要事前申し込み)
コーディネータ:NPO法人田んぼ 理事長 岩渕成紀
※終日・貸切バスで移動/スケジュール詳細は参加希望者にお知らせします
※仙台駅集合・解散
◆蒲生干潟:干潟の被災状況視察
◆キリンビール工場:11月操業を再開した工場視察
◆石巻・渡波(わたのは): 松林被災状況・ふゆみず田んぼ視察
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

控え室@ちい散歩

控え室@ちい散歩
唇の角質が取れる、という唇形のクリーム頂来ました。


面白いものがあるんですね。


テレビ朝日ちい散歩9時55〜

櫻田出演予定

2月16日木曜


2月27日月曜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末パスタ

週末パスタ
夫作。


ふるさと宮城の野菜たくさんパスタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

祈り

祈り
祈り
法隆寺

阿吽

1300年前から変わらない強い祈り。

11日に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

塩麹@小町テレビ

塩麹@小町テレビ
塩麹@小町テレビ
今回の『トレンド小町』のコーナーは塩麹!!


今、大注目ですね!(^^)!

気になっていたけどこれまでおっかなびっくりでしたが…(^_^)ノ

その正体を知るや、なあんだ!です。

昔から馴染み深いものでしたし、ものすごく簡単で
おいしかったんです。


早速、我が家の夕飯に塩麹のチキンを出したところ『うんまいっ!御飯がすすむ。う〜ん!』


と、料理が得意な夫を唸らせる事が出来ました(^^)v


うほほーい。


あなたもぜひ、トライしてみて下さいな。


塩麹ブームの火付け役でもある先生が優しく教えてくれる、オンエアをご覧下さいませ。


詳しくはこちら〓


http://www.yomiuri.co.jp/komachi/tv/

ただいまテレビもオンエア中です。

2月5日から一週間

CS日テレG+「小町テレビ」

毎週日曜10時

再放送月曜22時

水曜・金曜・土曜11時半

土曜16時半

他、MXテレビ等でも放送中!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 6日 (月)

映画コラム『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』

シュープレスマガジンに掲載中の櫻田の映画コラム

『最新!映画PRESs』20回目の連載です。

今回は、《ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬》。

主演は、あのミスター・ビーンでおなじみのローワン・アトキンソンです。

ジョニー・イングリッシュの続編を待っていた方もミスター・ビーン好きの方の期待も

裏切りませんhappy01

downwardleft今回もHAPPYでFUNNYなローワン・アトキンソン節、全開ですsign03

http://www.shoepress.com/cinema/cinema20.html

シュープレスマガジンは東北の情報満載ですgoodほんわか感性での記事も読みごたえありますよ~~

Cocolog_oekaki_2012_02_06_14_19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

矢切の渡し〜♪

矢切の渡し〜♪
最近、演歌が多いです。


矢切の渡し〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »