« No.7 | トップページ | 近いぞ! »

2013年5月 8日 (水)

『宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星 VOL.20 』

『宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星 VOL.20<br />
 』
只今放送中の一番星のゲストは、

西郷輝彦さん\(^o^)/

写真は、浅草で撮った西郷さんの手形です!

デビュー50周年。

その軌跡を明るく、時にじっくりとお話し下さいました。

控え室でご挨拶申し上げた時から柔和な笑顔で迎えて下さって、私の緊張も吹き飛びました。

私の中での西郷さんの強い印象は、NHKの大河ドラマ『伊達政宗』の片倉小十郎。それは鮮烈なかっこよさと渋さで忘れられないのです。

昭和62年、私が小学生で秋田の能代から、宮城の仙台に越した頃。ドラマの舞台が仙台ということもあって、毎週楽しみにドラマを見ていました。人気は、全国に伊達政宗旋風を巻き起こしましたね!

平均視聴率が40%というお化け番組です。
瞬間視聴率じゃないですよ、平均視聴率ですよ!!

ほとんどの日本人が見ていたのではないでしょうか。

そんな中、西郷さんは、血気盛んな政宗に物申せるほとんど唯一の側近役。

この西郷さんを、もしまだご覧になっていない方がいらっしゃいましたら、是非ともご覧になって頂きたい!

最近また、再放送などもしています。
片倉小十郎役のことを申し上げたら笑顔でお話下さってこれまた感謝感激でした。
この内容は、控え室でのお話なので本編にはないのですが…(^o^)ココダケこぼれ話。

(支倉常長役の宗さんも、もちろん大好きです。)

さぁ、あの御三家の西郷さんです。

当時の人気やお忙しさは、猛烈なものだったそうです。

時代はテレビや映画、またコンサートの勢いが、何物にもかなわなかった時。

その熱狂の真っ只中で、ど真ん中を歩いていらした方。

優しくて穏やかで、プロフェショナル。

デビューの16歳当時の等身大パネルと並ばれてもほとんどおかわりないそのスタイルにも驚きました。

カッコよすぎます。

当時を振り返って、歌謡映画主演のお話や、

俳優西郷輝彦さんの大きなステップになったという超高視聴率ドラマ『どてらい男(やつ)』についても語って下さっています。

ご自身が作詞なさった新曲

『燃えろ夜明けまで』

西郷さんファンならずとも悩殺でしょう!

ぜひ、番組でその振り付けと共にご注目下さい。

振り付けは、パパイヤ鈴木さんとのこと。

このあとの放送は、

5月8日水曜日 10時〜

10日金曜日 13時〜

11日土曜日 14時〜

CS 歌謡ポップスチャンネルにて無料放送中!

アシスタントとナレーションは、櫻田です(^з^)-☆

http://www.kayopops.jp/program/episode.php?prg_cd=KC00000298&episode_cd=0020&epg_ver_cd=06

|

« No.7 | トップページ | 近いぞ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『宮本隆治の歌謡ポップス☆一番星 VOL.20 』:

« No.7 | トップページ | 近いぞ! »