« 築地黒澤 | トップページ | 三浦雄一郎氏の金言 »

2008年11月13日 (木)

「出し惜しみしちゃダメよ」

「出し惜しみしちゃダメよ」
新幹線にトランベールという読み物があります。11月号の内館牧子さんのエッセイにこんな言葉がありました。
橋田寿賀子さんから頂いた言葉だそうで、内館牧子さんがドラマの脚本を書くことになった時のことだそうです。

「出し惜しみしちゃダメよ。半年も続くドラマだから、ついついこの話は後に取っておこうとか、この展開はもう少ししてから使おうとか考えがちたの、でも後のことは考えないでどんどん投入するの。出し惜しみしない姿勢で向かえは、後で窮しても必ずまた開けるものよ」。

出し惜しみ、確かに私もありました。剣道の稽古がきつくてきつくて大嫌いだった時、今ちょっと体力温存しとこ、休もう、なんて良く考えてました〜。だって死にそうにきつかったんですもん^ロ^;
肺がつぶれそうで、手も足も動かないのに先生に叩かれ…。
きっと皆さんも似たような経験があるのでは?
確かに、あのとき出し惜しみしてなかったらもっと剣道強くなってたかしら?
なんて…。
出し惜しみしないことで後悔しないで済みそうです。生放送なんかで時間がないときは出し惜しみしてる間に持ち時間が無くなって悔しい思いをしたことも。
最近少し、きついことも楽しめるようになったかな?なんちゃって、まだまだですがせっかくの人生楽しむ視点を俯瞰の目線、もちたいな。
この号のトランベールは朗読家の渡辺祥子さんも取り上げていました。

(内館牧子さんは私と大学院の同期です。同じ年に入り、同じ年に卒業。もちろん私の方が一方的に存じ上げていました(^O^)。内館さんは文学研究科、私は経済学研究科でした〜)

|

« 築地黒澤 | トップページ | 三浦雄一郎氏の金言 »

コメント

私も同感です。一度しかない人生、やらずに後悔するより、おもいっきりやりたい事やって(人に迷惑かけない程度に…)失敗しても人生は何度でもやり直せるし!出し惜しみせずやってみよう!て、事ですよね!?
その気持ちで名古屋行ってきまーす。

投稿: ゆか | 2008年11月13日 (木) 12時02分

う〜ん、深いわぁ〜。
ちょくちょく、出し過ぎて叱られる私…。テレビでも、ついつい喋り過ぎ…肝心なこと言い忘れてる…(笑)
出し惜しみしてるつもりないのに、出し切れないのは、どうしたものか。いきみが足りない!?なんのこっちゃ。スマートにこなす貴方を見習い精進精進…。あ、もちろん仕事の方です!

投稿: かおりん | 2008年11月14日 (金) 00時10分

ゆかさん

君は本当に思い切ってますね~。
おう!応援してるよ~~。
そうそう、やり直せるのよ。あんまりストレス感じないで
やっとこ、やっとこ。

かおりん

わたし、結構あなたのハチャメチャなとこ好きです。


十を知り、一を出す・・・
そんな言葉がありますが、その1に精一杯を凝縮するしかないのかな、後悔しないようにその1を練りに練る・・・そんな1なら絶対出したい!?

投稿: 彩子 | 2008年11月14日 (金) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「出し惜しみしちゃダメよ」:

« 築地黒澤 | トップページ | 三浦雄一郎氏の金言 »