« 亀有公園 | トップページ | 帯広十勝 »

2009年2月 9日 (月)

乾燥玉子の缶詰?

乾燥玉子の缶詰?
1974年の「暮らしの手帳」に乾燥玉子の缶詰の記事が載っていました。
どうやら、記事によると「終戦直後の三十年前に、米の代わりに配給された、進駐軍放出のアメリカの缶詰を開けた」、ということのようです。
「乾燥玉子というのは、割ってかきまぜた状態の玉子を高温の部屋で瞬間的に乾燥させたもの」
「使うときは、水にといて、料理する」と。
へ〜!
しかも、三十年前に、さらにその三十年前に作られた缶詰をたべたそうな…。
感想は…。
「ちょっと、舌を刺すような感じがする」
「でも、食べて食べられないものではない」
なんてチャレンジャーな本!

今では、びっくりするようなことが埋もれています。

|

« 亀有公園 | トップページ | 帯広十勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乾燥玉子の缶詰?:

« 亀有公園 | トップページ | 帯広十勝 »