« とり団子キャベツ煮 | トップページ | 手仕事:すり鉢 »

2009年7月14日 (火)

熊平の「んめ」!

熊平の「んめ」!
熊平の「んめ」!
熊平の「んめ」!
最高に美味しいのです。
梅というか、これはプラム。
あ、英語で梅はプラムだって?こりゃ失礼。
なんというかフルーツ的要素があるんです。

この梅肉はトロリとして、ほのかな蜂蜜の優しい甘味が染みだしてくるんです。それはそれは絹のように滑らかな食感。
もちろん酸っぱさも旨味もしっかりあってご飯に最高!
このままお茶うけも最高!
贅沢です。3つ入りで1200円。

確かに高いですが、納得なんですよ!

和歌山はみなべ町の南高梅。そう、ブランドは紀州の南高梅。
ブランドたる所以はその作り方にありました。
梅の実を木で完熟させるんです。自然に実が落ちるまで。そして傷がつかないように木の下にネットを張って実を受け止めるんです。しかも、クッションになるネットの下の草は米糠で育てるんです。
これを箱入り娘と言わずなんと言う!

大事なこだわりは味にでるんですね〜。

日々おこたることなかれ。
梅づくりに教わりました。
今回の「んめ」は私が熊平の梅が大好きだということを知っている方からのとても有難い頂き物なのですが、我が家には梅の入った二つ樽を常備しています。

一つは「しそ漬け梅干し」で塩分控えめながらガツンと酸っぱさがあるもの。夫からの要望で毎日のおにぎりに。目が覚めるんですって。

もう一つは「薄塩味梅ハチミツ入り」。こちらは私が大好物!
上品で旨味が濃くて、元気になります。お茶漬けとかパスタとか…。
おほほ、唾液が出て来ました(^O^)

これらは日常使いが出来る値段ですから大丈夫。ちょっと傷があるのですが製法は全く同じなので味は同じです。

大きさは4Lだそうです。直径4センチはありますね〜。

担当させて頂いてる番組「ちい散歩」で出会ってから大ファンです。

ちなみに我が家の親戚もハマッてます。


そうそう、南高梅って和歌山県の南部高校の先生が作った梅だそうで「南部高校の梅」を略して南高梅なんですって!(農業も教えている学校です)

蒸し暑い日本の夏を乗り切るにはもってこいの保存食。先人の知恵に感謝!

|

« とり団子キャベツ煮 | トップページ | 手仕事:すり鉢 »

コメント

読んでるだけで、なぜか自然と唾液が口の中に

関東で、彩ちゃん見れる番組は、ちぃ散歩だけですか

投稿: たかし | 2009年7月14日 (火) 11時35分

『んめ』斬新なネーミングとデザイン☆高価なところがまたそそられますね!箱入り娘、まさに!ですね。彩ちゃんの幸せそうな表情が目に浮かぶ〜(*^ー^*)

甘露煮がなくなったらまたすぐ作れるよう、南高梅さまが冷凍庫で待機中です。小梅は昨日赤シソに漬けたところです。クエン酸と抗菌パワーの梅、夏は活躍ですね!

投稿: かおりん | 2009年7月15日 (水) 14時50分

熱弁ふるってしまいました

ほえ~梅の実は冷凍できるですか!
来年はやってみよ~~


それから現在、私が出演させていただいているのは
「ちい散歩」です。
スタッフも出演者もアットホームで良い雰囲気ですよ
あとは単発なのですな。
なにかありましたら恐縮ですがお知らせさせていただきますね

投稿: あや | 2009年7月17日 (金) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊平の「んめ」!:

« とり団子キャベツ煮 | トップページ | 手仕事:すり鉢 »