« 自然派ボジョレー | トップページ | 能代市立渟城第二小学校 »

2009年11月25日 (水)

秋田の味

秋田の味
秋田の味
秋田の味
私は小学六年の半分まで秋田に居りました。


親戚の多くは秋田です。
プロの料理人の叔父の味にいつも癒されます。


まず、くじらのかやき。
「かやき」とは貝焼きがなまった言葉。元は大きな貝を鍋代わりにしていたことから、〜鍋というのを秋田では「かやき」と言うのだそうです。

くじらの脂が貴重なタンパク源だったころのご馳走です。こってり味噌味に身体はぽかぽかです。


そして、何はなくともキリタンポ。たんぽを切ってあるから切りたんぽ。

比内地鶏のスープにモツも沢山入ります。あきたこまちの新米たんぽですよ〜。最高です。


さらに、このお刺身。

なんのお刺身か解りますか?


ピンク色。


サメです。


ひぇ〜。
しかも、皮をはいであるのですな。

おっかなびっくり。
でも、臭みなどなく、割合こくがあり脂がのってました。


東京には何でもあるような感じがしますが、やっぱり地元の味はその土地ならでわですね。

|

« 自然派ボジョレー | トップページ | 能代市立渟城第二小学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田の味:

« 自然派ボジョレー | トップページ | 能代市立渟城第二小学校 »