旅行・地域

2021年9月13日 (月)

一年生、奥多摩町で木を切り倒し体験!

キンモクセイの良い香りに癒される下町千駄木です。

さて!今回の投稿は「一年生、奥多摩町で木を切り倒し体験!」です。

低炭素杯~脱炭素チャレンジカップまで10年以上苦楽を共にしてきた元地球温暖化防止全国ネットの原田さんの新職場である「森と市庭」さんの体験コースです。

ソーシャルディスタンスもものすごくしっかり取れる、東京奥多摩町の森と市庭さんの管理山にて15メートル樹齢30年ほどの木を一本伐倒させて頂きました。

手入れが行き届いた明るい森と、手入れ次第十分ではない暗い森が道で別れています。

スタッフの方に
山の管理状況などを教えて頂きながら
今回は暗い森から腐りかけている木を選び、切り倒すことに。

チルホールという滑車を使って倒す場所に誘導しながら切ります。チェーンソーはスタッフさんが扱い、小学一年生は滑車を動かします。

切り株からは
桧の爽やかな香りが!しあわせ~✨

腐りかけていることもあってすぐに倒れました(一分ほどの動画でご覧頂けます)

その後、枝を切り、工作に使う幹を切り、
開けた場所へ移動し、休憩。

ツリーハウスからの眺めも最高!汗をフキフキ水分補給。

途中、奥多摩町の山の現状、伐採する仕事のこと、加工する仕事のこと等々こちらの怒涛の質問にも皆さん丁寧に答えてくださいました。

50年ほどの樹齢の木が、二酸化炭素吸収率が最大になるそうです。

山の手入れをして木を利用し循環していくことが二酸化炭素削減にも貢献出来るのですね。

手を入れた明るい森は、下草にも光が届き
木も元気で、貯水容量も十分です。

一方、暗い森は腐りかけている木もあり、貯水量も減り、大雨などの際には注意が必要とのことでした。

一年生は山に入るのも木を大きなノコギリを持って木を切るのも初めて!初めて尽くし。

香り高い桧の
丸太椅子、
鍋敷き、コースター、などたくさん作らせて頂きました。

それから木を切ったときに初めて触ることができる、木の一番上の部分も1メートルくらい頂きました。この一番上の部分を梢(こずえ)と言うそうです。

梢という言葉にはそのような意味があったことを初めて知りました😆

体験から三週間、
梢ちゃんは我が家のベランダのバケツの中でもまだ元気です。丸太椅子は乾燥してきて割れ目が出来たり味わいが出てきました。コースターは毎日テーブルで大活躍。

桧の香りに本当に癒されます。深呼吸。

山について知り、すこしばかり、山の手入れのお手伝いが出来、山のお裾分けも頂き、一年生の一生の思い出にもなりました。
初めは緊張していた一年生もだんだん打ち解けて、汗だくで頑張りました。

脱炭素、サステナビリティ、社会を思い、
五感をフルに使って学んで遊んで心がいっぱいになる体験です。

原田さん、良いお仕事ですね!
森と市庭のみなさん、ありがとうございました。

ぜひ、ご家族で学校でご友人たちと…等々お出かけなさってみては❗😊最高の体験です。

https://mori2ichiba.tokyo.jp/

動画はこちらからどうぞ~↓😊

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=5909298555810774&id=100001920656006

1631496468347016314974080771163149744947121631497487930316314975103764163149753624151631497581552716314976270348

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

SDGsツアー!

日本一のサーキュラーシティ、鹿児島県大崎町へオンラインの旅です!

↓こちらをぜひご覧下さい(^^)/

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=4484348571639120&id=100001920656006

_20201111_151550

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

夏休み!でした!

今年も暑かった!


いえ、まだ暑いですね。

ムシムシしていますね。


気象の極端化にはこの先の子供世代の地球が心配になりつつ。。



娘は4歳になり、


お話もおもしろく、お出かけもそこそこ成立するようになってきました。


この世代の子供をお持ちのおうちでは

如何に安全にこどもの体力を使い、1日1日を満足させるか、というのが日々やってくる課題の1つではないでしょうか。


親をやってみて初めてわかることばかり。



高齢出産、ミッドフォーティー、パパママの我が家は体力が付いていかず、夜9時頃には親はフラフラです(^_^;)苦笑



そのわりには痩せたりしませんが…!(^^)


元気な娘に感謝しつつ(*^^*)




この夏の娘は、

パパの釣りに付き合い、娘だけが釣果を得、


初めてのスカイツリーに登り、


保育園終わりでもお休みの日でも夕方の公園で、蚊と戦いながら裸足で汗だくなり、



ご近所、谷中のお祭りで、一時の清涼を貰い、



馬飼野牧場で憧れの馬に乗ったあと、ヤギに散歩され、


安倍川

水辺の楽校では、娘は母の引くイカダに乗り、ボランティアのおじいちゃんの「いくぞー!」の掛け声と共にソリで滑り台を滑走→水に一瞬沈む経験をし(何回も挑戦)



締めは仙台でお墓参りと野菜収穫でした。





振りかえれば、



お腹の大きい私を心配しながらも仕事の依頼を下さった方々、



乳飲み子がいるので大変だろうからと、打ち合わせを我が家で快く行って下さった方々、



仕事時間の調整にご協力下さった方々、



「1日1日楽になるよー」と声を掛けて下さった方、



そのおかげさまで、


我が家が健やかに何とか過ごせています!こころより感謝です!!!!




やっとこの頃は


ここ数年ほぼ拝見するだけだったフェイスブックやブログも

また記事をアップしたいな、という気持ちも(気力?!笑)も芽生えつつ。。




ゆるゆる参ります~(*⌒3⌒*)



今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。


まだまだ体力の奪われる気候ですが、皆さまご自愛くださいませ!

156712588612501567125920889115671259809802156712600953831567126041675415671260694635156712611145061567126158366715671261583667_201908301126011567126190937815671262388209

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

秋田へ

15613577676600

15613577878911156135782357121561357887610315613579272584

先週、秋田は能代の伯父に会いに家族で帰省しました。


伯父はいつもあたたかく私たちを迎えてくれた恩人でもあります。




その帰り、男鹿水族館GAOに足をのばしました。



日本海の荒波と暴風の日と、

穏やかな美しい日本海の両方を見ました。


水族館ではアザラシさんたちがニコニコ?顔で娘にサービスしてくれました(*^^*)


男鹿の道の駅オガーレでは

お土産を買いました。





| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

仙台帰省

お正月に帰れなかったので先週仙台に帰省しました。
仙台うみの杜水族館に行ったり、
(松島水族館が無くなって中野に水族館が出来ましたね)
スプリングバレーで雪遊びをしたり、
(こちらで公開ラジオ番組を担当させて頂いたことを思い出しつつ)
せっかくなので宿泊は松島一の坊(娘はピアノに合わせて踊る!踊る!)に。
父母たちと震災の頃の話をしながら特別な3月の帰省となりました。15532162301223_21553216067465015532161401551

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

上野公園のサクラ

上野公園のサクラ 毎年、一足先に咲く上野公園入り口のサクラ。 満開ですね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

低炭素杯2019です!!

低炭素杯2019です!! 低炭素杯2019です!! いよいよ! 今年も低炭素杯です。 (2月8日金曜カルッツ川崎にて) なんと今年で9回目!!!!!!!!! ビックリマーク9個(*^^*) ねー! 歴史ですね! いろいろな、広がり繋がりがある低炭素杯です。 今回のエントリー団体は1400を越えたそうです。 すごいですね~! その中から 28団体の先端事例が登場。 どんな活動をなさっているのでしょうか。 28団体のプレゼンテーションの後、 オーディエンス賞、 企業・団体賞、 審査委員特別賞、 そして 文部科学大臣賞、 環境大臣賞 が発表表彰です。 世界の気候変動が顕在化している今、「難を転じる」べく地域で活動しているヒーロー達がいます。 SDGsを達成するような多様な取り組み、地域活性と地球温暖化防止、サステナブルな生活を満たす循環型の取り組みがすごいです! 素晴らしいアイデア取り組みをぜひぜひ参考になさってください! 今年も司会としてお待ちしております(*^^*) 櫻田彩子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

『自然資本を活かした防災と震災復興 東日本大震災からのグリーン復興と今後の展開』

『自然資本を活かした防災と震災復興  東日本大震災からのグリーン復興と今後の展開』 『自然資本を活かした防災と震災復興  東日本大震災からのグリーン復興と今後の展開』


12月1日(土)2時より 東北大学片平キャンパスにて シンポジウム『自然資本を活かした防災と震災復興 東日本大震災からのグリーン復興と今後の展開』 が開催されます。 このシンポジウムは こちらの本『生物多様性は復興にどんな役割を果たしたか 東日本大震災からのグリーン復興』の 出版記念で開かれるものです。 光栄なことに 震災前から 生態適応環境機関コンソーシアムのメンバーとして 関係シンポジウムで司会をさせて頂いていたご縁で、 今回も司会を担当させて頂けることになりました。 震災があって、 生物多様性を考えて来た科学者やコンソーシアムメンバーが、 何が出来るんだろう… と無力感に苛まれながらも、今こそグリーン復興だ、と立ち上がり、 各方面で草の根活動を始めました。 ここまでの集大成と言える本なのではないでしょうか。 簡単に泣いてはいけない、と思いながらも、関係の皆さんの頑張りを読むにつけ、その顔が目に浮かび、 心が揺さぶられました。 どなたもご参加頂けます。 ご興味お持ち頂けましたらぜひお越し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

築地

築地 築地 いつも現場にむかう途中に通る築地市場。 豊洲に移りましたね。 早速、解体工事に入っているようです。 そういえば、築地駅の改札を出た時の、あの独特な市場のにおいも今日はしなかったなぁ。 不思議な感じです。 場外市場は変わらず元気に営業中! 観光客の方も場外方面に歩いていました。 http://www.tsukiji.or.jp/related/future/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

クロスケの家|公益財団法人 トトロのふるさと基金

クロスケの家|公益財団法人 トトロのふるさと基金 クロスケの家|公益財団法人 トトロのふるさと基金 最近、娘が 「となりのトトロ」にハマっています。 マックロクロスケも大好きです。 そこで、 所沢のクロスケの家に行きました。 となりのトトロに出てくるおうちみたいな作りで、 娘は 二階に上がると「わー!」とか「まっくろクロスケさん、いませんか~」とか 映画のセリフを言っていました(^^) こちらでは、 ナショナルトラスト運動で市民の寄付で土地を買い取り、 トトロの森を残しているんですね。 https://www.totoro.or.jp/kurosuke/facilities/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧