経済・政治・国際

2021年1月18日 (月)

SDGs ムービー~はじめてのSDGs ナレーション担当

_20210118_100102

https://youtu.be/QLMWzKtfvAs

横浜銀行さんとThink the Earthさんがコラボレーションして作成した動画がアップされています。

ナレーションは櫻田です。

SDGsの大きな3つのキーワードで紹介し、途中にはLet's  thinkがあって、見るだけではなく、考えて自分のこととしてSDGsを捉えられる動画です。

映像も可愛らしく、小学生から大人まで見て楽しい為になる動画です。

SDGs for school認定エデュケーターとしてもとても嬉しいことでした!

 

ぜひ!ご覧頂き、SDGsをお伝えする為にご活用頂けますと幸いです。(^з^)-☆

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

ジャパンSDGsアクション記者発表会 司会

_20200825_073432

ブログに最近、エコアナウンサー情報を掲載出来ていなかったので、Facebookからこちらにも…(*^^*)


| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

気候マーチの取材@東京渋谷

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2963631017044224&id=100001920656006


再エネオタク集団を名刺に掲げる再エネ発電企業のアフターフィットさんの若手有志が企画した気候マーチの取材です。


私がレポートを担当させて頂きました。


オーガナイザーの気候ネットワーク桃井さんにお知らせしましたらその映像をフェイスブックに投稿してくださいました!


その後、遅れて私もアップしました!



15706032042850


スウェーデンの高校生グレタ・トゥーンベリさんが一人で始めた気候変動への対策を早急に進めることを求めるアクションは

fridays for future 金曜に街で声をあげよう、という大きな若者のうねりへと発展しました。


気候マーチでは世界中の人々が参加して、その意思を表明しています。


気候変動の影響を今よりもダイレクトに長期間受ける若者の声は、全世代を動かしています。


私たちは東京渋谷での気候マーチの様子を取材しました。


ディレクターの山口さんが多くの皆さんの声をとてもテンポ良く編集してくださっています。

157049685581411570496836671015706031506910

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

これ、な~んだ?

これ、な~んだ?

 

 

 

毎日のように使うコンタクトレンズの入っていたケースです。

気がつくと

結構な量になりますね。

 

 

コンタクトレンズのお店で回収してくれます(*^^*)👍15590233599060

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

大学 SDGs ACTION AWARDS 2019 の記事掲載

15553103395190

今年も司会を担当させて頂いた 朝日新聞主催 大学 SDGs ACTION! AWARDS の記事が

Web朝日新聞ダイアログと3月26日(火)の朝日新聞朝刊紙面に掲載されています。

 

とても心に残ったのは、

 

出場なさった皆さんは 社会課題=自分の課題、として捉えていて

 

とても自然にSDGsを受け入れて、自分が行いたい解決法を考えている、ということでした。

 

従来の企業とか学校とか非営利と言った枠組みを越えて広い視野なんです。

 

SDGsや社会的起業家というような言葉にしり込みすることなく、

 

のびのびイキイキとなさっていることがとても眩しかったです。

 

 

大学生、大学院生、若手研究者のみなさん

 

賞金は50万円です。皆さんのあたためている取り組みを実現するチャンスです。ぜひ、来年ご応募ください!

| | コメント (0)

2018年10月19日 (金)

DIALOG 日本の未来を語ろう

DIALOG 日本の未来を語ろう DIALOG 日本の未来を語ろう DIALOG 日本の未来を語ろう DIALOG 日本の未来を語ろう DIALOG 日本の未来を語ろう http://www.asahi.com/dialog/articles/11874150 『森が活きれば未来もイキル』主催朝日新聞メディアビジネス局 赤池さんの コーディネートでたっぷり森林活用の未来について議論します。 森林資源が豊富な日本、もっといろいろ出来ることがありそうですよね! そして、まだまだ知らないこともありそうです。 SDGSから考えることで課題を横断的にとらえることができ、様々な視点からの効果がありそうで、楽しみです~(*^^*) 司会として、その議論目撃して参ります! 10月21日(日)有楽町朝日ホールです。 入場無料です。 お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気候市民サミットin京都 〜気候危機とIPCCの気候科学・脱炭素革命・自然エネルギー100%〜【京都】

気候市民サミットin京都 〜気候危機とIPCCの気候科学・脱炭素革命・自然エネルギー100%〜【京都】 気候市民サミットin京都 〜気候危機とIPCCの気候科学・脱炭素革命・自然エネルギー100%〜【京都】 気候市民サミットin京都 〜気候危機とIPCCの気候科学・脱炭素革命・自然エネルギー100%〜【京都】 https://www.kikonet.org/event/2018-10-20/ 明日、京都で、シンポジウムです。 先日、IPCCが、最速2030年に1.5℃上昇しそうだ、という特別報告書を発表しました。 ついに、というか、 やはり、というか。。 IPCCの執筆に関わった江守先生のお話や、自然エネルギー100%、脱炭素、ダイベストメントなどの金融動向を第一線の専門家の皆さんと議論します。 市民の足元から考え、どうしていくのか、問題を広くとらえて、方向性が見えてくると思います。 私も司会をしながら勉強させて頂きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

加速する脱炭素革命

加速する脱炭素革命 加速する脱炭素革命 加速する脱炭素革命 加速する脱炭素革命 気候ネットワーク設立20周年記念フォーラム「加速する脱炭素革命 ビジネス・SDGs・金融・雇用・市民の新しいアクション」が盛会で終わりました。 私は総合司会と対談の聞き手を務めさせて頂きました。 ご参加下さった皆さま、スタッフ皆さまありがとうございました! 京都議定書から20年、パリ協定の時代の今、全てのキーワードが入ったフォーラムでした。 一部では、音楽評論家 湯川れい子さんとルー大柴さんを迎え、環境と関わっていらしたご自身のアクションや思いを伺いました。 楽しく笑いの中にも大切なことはビシッとお伝えくださいました。 ここでは、お話を伺っていくと、環境から貧困、地域、水、子育て…様々な事柄に繋がっていくことが印象的でした。 それが、いみじくも二部のトークセッションへの橋渡しとなったように思います。 二部では、 企業人であり、地球全体を考えて行動するまさに地球人だなぁと感じた、 パタゴニア日本支社長の辻井隆行さん。 SDGsの概念を分かりやすく日本に広めた誰もが認める立役者、国連広報センターの根本かおるさん。 脱炭素の産業移行にともない、仕事を無くす人がないように働きかける、ジャストトランジション「公正な移行」を目指す連合副事務局長 南部美智代さん。 世界の金融の動きをとても分かりやすくざっくばらんに話してくださった株式会社ニューラル代表取締役 夫馬賢治さん。 見事な解説とピリリとクリティカルなコメントが真骨頂の気候ネットワーク理事の平田公子さん。 子供たちの未来のために、持続可能な世界のために、 パリ協定、SDGs,そしてSDGsの17の全ての目標を網羅できる可能性があるESG投資…が揃った今! これまでに無い機運が盛り上がっているように思えました。 また、それにともなって他にも深く議論すべき課題も見えてきたフォーラムでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

市民版環境白書2018 グリーン・ウォッチ

市民版環境白書2018 グリーン・ウォッチ 今年も 市民版環境白書が発行されました。 昨年に続き、ウォッチさせて頂きました。 昨年も思いましたが、 こんなに精度が高く、最新の専門情報が盛りだくさんで無料と言うのは、もったいないです! ありがたいことではあるのですが。 すごいのは 執筆者の皆さんは各分野の専門家であり、 さらに、ネットワークを活かして世界のその分野で働く皆さんと情報共有していること。 それによって 世界から日本の状況を俯瞰する視点が多いことではないでしょうか。 毎日過ごす中で見えていないことが沢山ありますね。 問題意識を持って研究している皆さんからの情報はとても大切だと感じます。 ざっくばらんな雰囲気で 国会議員の方々も10人ほどいらしていました。 (余談ですが、開催場所は議員会館でした。初めて入りました。コンビニやカフェもあって快適でした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

企業の経営者、CSR担当、マネージメントの皆さん!シンポジウム情報です

こちらのイベントの運営担当の方からの情報です

より良い企業環境を目指していらっしゃる皆さん、耳より情報です。

===============================

消費者志向経営・コンプライアンス経営シンポジウム

 

~消費者相談、内部通報・相談におけるリスク情報を経営にいかす~

 

 

 

全国5か所(10/3札幌, 10/30名古屋, 11/11新潟, 12/3広島, 2/12仙台)で

 

消費者庁主催のシンポジウムが開催されます。(参加費無料)

 

シンポジウムでは社内外からもたらされたリスク情報への企業対応事例紹介と有識

者・実務家による基調講演のあと、パネルディスカッションで「企業に求められること」の論議を深めていきます。

 

会社の社員が、組織の不祥事やパワハラなど不当な扱いをされているのに、それを公表することの出来ない体制を作らないためには、

どうすべきか。などのレクチャーとなります。

 

解雇や左遷されることを怖れて、言うべきことを言えない体勢は、経営者側にとっても、本来はよくない姿といえます。

 

経営者、CSR ほかマネージメント側の方はもちろん、一社員として、一人間として、すべての方にとっての防護策(リスクマネージメント)のレクチャーにも、なりますので、ふるってお越しください。

 

関連URL

 ・消費者庁プレスリリース

 www.caa.go.jp/planning/koueki/files/131225symposium_1.pdf

<http://www.caa.go.jp/planning/koueki/files/131225symposium_1.pdf>

 

Webサイト

 https://www.imf.co.jp/sympo/index.html

 

・デジタルパンフ 

 https://www.imf.co.jp/sympo/assets/caa.pdf

 

・申し込みフォーム

 https://www.imf.co.jp/sympo/form.php

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧