経済・政治・国際

2021年11月29日 (月)

大阪の建築DX展での学び😊

間もなく東京でも建築DX展が開かれます。

東京に先立ち10月には大阪DX展が開かれ、私は「建築DX展 専門セミナー⑪」のファシリテーターと「専門セミナー⑫」の司会を担当させて頂きました。

 

SDGsの

目標5:ジェンダー平等を実現しよう

目標8:働きがいも経済成長も

目標9:産業と技術革新の基盤を作ろう

目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

とも関連すると思われた内容でした。

 

その様子を少しばかりご紹介!

二つのセミナーのご登壇の皆さんのプロフィールはこちらからご覧頂けます↓😊

https://reed-speaker.jp/Seminar/japan_build2021/top/?id=KDX

 

「建築DX展 専門セミナー⑪」では

建築業界のニューノーマルな働き方~現場の人材不足解消のヒントを探る~

と題して丁々発止、時間いっぱい濃厚なお話を伺うことができました。

人材不足、若者離れの問題から建築建設業界でも注目されているDX。

このセミナーを企画された「建助」さんは働き方改革の余波を受け様々な課題が顕在化している現場で働く皆さんの負担を減らすサービスを提供なさっています。

建助では建築建設の付帯業務サービスを30種類以上提供しているそうです。例えば現場の近くに車両を停める場所があるかどうかなどのお困りごと悩み事を解決。働く皆さんが現場での仕事に注力出来る仕組みを、現場の皆さんからの声をカタチにしている会社です。

(余談ですが、私も番組の取材などでスタッフ皆さんと出掛けると、大きなロケ車を停める場所がなく、車両さんが困っているのをしばしば目にしてきました😅)

スムーズにDXを活用して業務が遂行でき、人にも優しくなる仕組みをいろいろ考えておいでです。

 

登壇の方々からは、

日々様々な業種と関わりのある転職サイト運営のお立場からのお話、

建築建築業界に特化したマッチングサービスをおこなう企業のお立場からのお話、

世界に発信できる日本のモノづくりを支えたい思いで建築建築業界の困り事解決乗り出す社会的企業のお立場からのお話をして頂きました。

 

他業種や人気のある職業や成長企業から働き方、女性の働き方、サポート体制の報告からがありました。

正面から向き合わねばならない、後継者問題や若者離れのマイナス面を捉え、この問題に、一石を投じているアウトソーシングやDXについて考えました。

一方、発展途上のDXでは補えない部分についても言及があり、短い時間にヒントやエールがギュッと詰まった内容となりました。

登壇の皆さんとご参加の皆さんのおかげさまでした。

私にとっても、大きな学びとなりました。

DXの定義は経産省では「企業がビジネス環境の厳しい変化に対応し、データとデジル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに業務そのものや、組織、プロセス、企業文化、風土を変革し、競争上の優位性を確率すること」としています。

DXで出来そうなこといろいろありそうですね。私は二年前からNPOの事務局も担当していますが、クラウドやITによってかなり救われています。誰もが認める?!IT音痴の私ですら…😁😅

 

また「専門セミナー⑫」では

かねてよりそのホームページを拝見し素晴らしい取り組みだと感銘を受けておりましたニッポン手仕事図鑑のセミナーの司会を担当させて頂くことができ、ニッポンのカッコいい職人さんのお話を伺うことができました😊

こちらのファシリテーターはニッポン手仕事図鑑編集長の大牧圭吾さん。

大牧さんの職人さんへの敬愛のお気持ちが、山田さん吉川さんの本音を引き出していたように感じました。

(職人さんへのインタビューはアナウンサーなら誰もが心ときめくものではないでしょうか😊)

やはり人材不足であり、後継者問題を抱える伝統工芸職人。

職人の仕事に興味を持ってもらうには、

情報発信で工夫していることは、

職人を増やしていくために、地域や業界としてやるべきことは、

等々、一つのお店としてだけでなく、業種全体や、地域まるごとも考えながらのトークとなりました。

ニッポン手仕事図鑑のホームページはこちらです↓

 https://nippon-teshigoto.jp/

 

20211001img_0574

20211001img_0531

20211001img_0808

20211001_130002

20211001_130031

20211001img_0522

写真は当日の記録ご担当さまからご了承頂いたものと、

ご本人のご了承を頂いた山田憲司さんと畳の作品を掲載させて頂きました😊

 

| | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

AERAスタイルマガジン 日産ARIYA Presents /WEBINER #4

Screenshot_20211125174459_facebook

https://asm.asahi.com/article/14464841

少し前には#3を投稿させて頂きました続編です😊

今回はAERAスタイルマガジン 日産ARIYA Presents /WEBINER #4で

MCを担当させて頂きました。

 

ボーダーレスジャパン鈴木雅剛さんと、

AERAスタイルマガジンWEB編集長の山本晃弘さんとご一緒させて頂いております。

記事の動画より冒頭11分ご覧頂けます😊

 

社会課題とビジネスの両立はこれまで多くの皆さんがチャレンジし、悩まれてきたことです。

鈴木さんやボーダーレスジャパンの皆さんが取り組まれているのは、ビジネスで社会課題を解決していくシステム。

その「恩送りのエコシステム」は企業家のチャレンジを応援し共に歩む、志を同じくする仲間同士の繋がりを大切にしているシステムです。とても勉強になりました。詳しくはウェビナーでの鈴木さんのお話で😊

 

また時代見つめてきた山本編集長のコメントにもご注目です。

 

ウェビナーの続きは会員特別サイト「CLUB ARIYA」内“イベント・ウェビナー”ページで限定公開中です。

 

登録は無料です。

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

IPCC第6次評価報告書が出されました!

ご存知の通りIPCC気候変動に関する政府間パネル第6次評価報告書が出ましたね。執筆者である江守先生のとても熱量高く分かりやすい解説動画です!

https://youtu.be/dLgGSI0G2SA


サイエンスベースド科学的知見に基づいて話を進める上で、今最も最新のお話ですね。


江守先生のお話から引用させて頂くと、IPCCの信用度として

○66ヵ国から200以上の専門家

○14000本の論文引用

○三回の査読

○78000のレビューコメントに全て対応し、公開

ということです。


第5次評価報告書、1.5度特別報告書、そして今回の第6次評価報告書と回を重ねるごとに明確になっていることが多々あります。


2050年持続可能な社会に向けて、企業、団体、または個人においても、そのシナリオ分析に欠かせない視点だと思います。


8/17CAN-Japan主催の報告会もありますね!https://www.can-japan.org/events-ja/2892

| | コメント (0)

2021年6月25日 (金)

気候ネットワーク平田仁子さん「ゴールドマン環境賞」受賞記念シンポジウム

_20210625_121955

https://www.kikonet.org/event/2021-07-04

環境のノーベル賞とも言われるゴールドマン環境賞を平田さんが受賞なさいました。

この一報を知ったとき、パソコンの前で一人で思わず感涙しました。

これまでの平田さんや気候ネットワークの皆さんステークホルダーの皆さんのご尽力が胸に迫りました。

日本の脱炭素への舵切りに大きく貢献した受賞理由はホームページに詳しく掲載されております。

平田さんの勇気あるこれまでの行動に心より敬意を表します。

 

光栄なことにシンポジウム当日は全体司会を担当させて頂きます。

是非とも!オンラインでご参加くださいませ😂😂😂

 

 

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

ジャパンSDGs アクション フェスティバル開催です!

https://www.japan-sdgs-action-festival.jp/

【ジャパンSDGsアクションフェスティバル 3/26(金)、3/27(土)】開催です。行動の10年を実現するための取り組みとして「ジャパンSDGsアクション協議会」が若者、行政、ビジネス、NPO/NGO,地域、グローバルを繋ぎ、開催します!SDGsを実践している方も、SDGsを自分事化したい方も、SDGsかどうか定かではないけど課題や問題意識を持っている、社会を少しでも良くしたい、コロナ禍からの復興を考えている…などなどの皆さん、ぜひ、ご参加を!

多様なプログラムを見て頂ければ、ご興味と重なるのではないかと思います。

 

皆さんご存じの方々からのメッセージや、今聞きたいトークセッションなど、すごいことになっています!スタッフ皆さん各方面で奮闘中です!

 

櫻田、2日間のチャンネル1の総合司会を担当させて頂きます(^^)/

_20210318_120847

| | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

大学 SDGs ACTION AWARDS 2021オンライン開催

今年も進行を担当させて頂きました大学 SDGs ACTION AWARDS 2021、今年はオンライン開催でした。

例年はファイナリストの皆さんのプレゼンテーションはステージでご本人がおこなっていたのですが、今年は先行して取り組みの動画がホームページで公開されました。

 

動画作成のスキルにも感嘆しつつ、

その脳内で繰り広げられるアイデアにも脱帽でした。

こちらのアワードでは、これまでの取り組みを紹介するだけではなく、これからどう進めていきたいか、どうSDGsのアクションを行っていくかという視点が重要です。

私がとても勉強になったのは

学生のみなさんの実現化に向けての思考です。

こうやりたい、だけではなく、どうすれば、実行アクションできるのか、またそこに至るのには何が必要なのかを順序だててしっかり考えている、その思考力がある、ということです。

世代の違い、などで片付けるのではなく大いに学びたいと思いました。

SDGsネイティブ、デジタルネイティブのみなさんが持っている潜在能力、実力に大きな刺激を頂きましたし、渇!入りました。

いみじくも精華大学の佐々木彩乃さんがおっしゃった言葉が「これまでの与えられた選択肢から生き方を選ぶのではなく、自らの生き方を 創る ことができる学生が増えてほしい」でした。

 

まさに、ファイナリストの皆さんの生き方だ、と感じました。

ぜひ、ファイナリストの皆さんの動画をご覧になってください。

動画はこちらから

https://www.asahi.com/sdgs/article/other_00011/

 

 

 

 

_20210312_154646_20210312154901

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

SDGs ムービー~はじめてのSDGs ナレーション担当

_20210118_100102

https://youtu.be/QLMWzKtfvAs

横浜銀行さんとThink the Earthさんがコラボレーションして作成した動画がアップされています。

ナレーションは櫻田です。

SDGsの大きな3つのキーワードで紹介し、途中にはLet's  thinkがあって、見るだけではなく、考えて自分のこととしてSDGsを捉えられる動画です。

映像も可愛らしく、小学生から大人まで見て楽しい為になる動画です。

SDGs for school認定エデュケーターとしてもとても嬉しいことでした!

 

ぜひ!ご覧頂き、SDGsをお伝えする為にご活用頂けますと幸いです。(^з^)-☆

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

ジャパンSDGsアクション記者発表会 司会

_20200825_073432

ブログに最近、エコアナウンサー情報を掲載出来ていなかったので、Facebookからこちらにも…(*^^*)


| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

気候マーチの取材@東京渋谷

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2963631017044224&id=100001920656006


再エネオタク集団を名刺に掲げる再エネ発電企業のアフターフィットさんの若手有志が企画した気候マーチの取材です。


私がレポートを担当させて頂きました。


オーガナイザーの気候ネットワーク桃井さんにお知らせしましたらその映像をフェイスブックに投稿してくださいました!


その後、遅れて私もアップしました!



15706032042850


スウェーデンの高校生グレタ・トゥーンベリさんが一人で始めた気候変動への対策を早急に進めることを求めるアクションは

fridays for future 金曜に街で声をあげよう、という大きな若者のうねりへと発展しました。


気候マーチでは世界中の人々が参加して、その意思を表明しています。


気候変動の影響を今よりもダイレクトに長期間受ける若者の声は、全世代を動かしています。


私たちは東京渋谷での気候マーチの様子を取材しました。


ディレクターの山口さんが多くの皆さんの声をとてもテンポ良く編集してくださっています。

157049685581411570496836671015706031506910

| | コメント (0)

2019年5月28日 (火)

これ、な~んだ?

これ、な~んだ?

 

 

 

毎日のように使うコンタクトレンズの入っていたケースです。

気がつくと

結構な量になりますね。

 

 

コンタクトレンズのお店で回収してくれます(*^^*)👍15590233599060

 

 

 

| | コメント (0)