脱炭素

2021年9月13日 (月)

一年生、奥多摩町で木を切り倒し体験!

キンモクセイの良い香りに癒される下町千駄木です。

さて!今回の投稿は「一年生、奥多摩町で木を切り倒し体験!」です。

低炭素杯~脱炭素チャレンジカップまで10年以上苦楽を共にしてきた元地球温暖化防止全国ネットの原田さんの新職場である「森と市庭」さんの体験コースです。

ソーシャルディスタンスもものすごくしっかり取れる、東京奥多摩町の森と市庭さんの管理山にて15メートル樹齢30年ほどの木を一本伐倒させて頂きました。

手入れが行き届いた明るい森と、手入れ次第十分ではない暗い森が道で別れています。

スタッフの方に
山の管理状況などを教えて頂きながら
今回は暗い森から腐りかけている木を選び、切り倒すことに。

チルホールという滑車を使って倒す場所に誘導しながら切ります。チェーンソーはスタッフさんが扱い、小学一年生は滑車を動かします。

切り株からは
桧の爽やかな香りが!しあわせ~✨

腐りかけていることもあってすぐに倒れました(一分ほどの動画でご覧頂けます)

その後、枝を切り、工作に使う幹を切り、
開けた場所へ移動し、休憩。

ツリーハウスからの眺めも最高!汗をフキフキ水分補給。

途中、奥多摩町の山の現状、伐採する仕事のこと、加工する仕事のこと等々こちらの怒涛の質問にも皆さん丁寧に答えてくださいました。

50年ほどの樹齢の木が、二酸化炭素吸収率が最大になるそうです。

山の手入れをして木を利用し循環していくことが二酸化炭素削減にも貢献出来るのですね。

手を入れた明るい森は、下草にも光が届き
木も元気で、貯水容量も十分です。

一方、暗い森は腐りかけている木もあり、貯水量も減り、大雨などの際には注意が必要とのことでした。

一年生は山に入るのも木を大きなノコギリを持って木を切るのも初めて!初めて尽くし。

香り高い桧の
丸太椅子、
鍋敷き、コースター、などたくさん作らせて頂きました。

それから木を切ったときに初めて触ることができる、木の一番上の部分も1メートルくらい頂きました。この一番上の部分を梢(こずえ)と言うそうです。

梢という言葉にはそのような意味があったことを初めて知りました😆

体験から三週間、
梢ちゃんは我が家のベランダのバケツの中でもまだ元気です。丸太椅子は乾燥してきて割れ目が出来たり味わいが出てきました。コースターは毎日テーブルで大活躍。

桧の香りに本当に癒されます。深呼吸。

山について知り、すこしばかり、山の手入れのお手伝いが出来、山のお裾分けも頂き、一年生の一生の思い出にもなりました。
初めは緊張していた一年生もだんだん打ち解けて、汗だくで頑張りました。

脱炭素、サステナビリティ、社会を思い、
五感をフルに使って学んで遊んで心がいっぱいになる体験です。

原田さん、良いお仕事ですね!
森と市庭のみなさん、ありがとうございました。

ぜひ、ご家族で学校でご友人たちと…等々お出かけなさってみては❗😊最高の体験です。

https://mori2ichiba.tokyo.jp/

動画はこちらからどうぞ~↓😊

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=5909298555810774&id=100001920656006

1631496468347016314974080771163149744947121631497487930316314975103764163149753624151631497581552716314976270348

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

IPCC第6次評価報告書が出されました!

ご存知の通りIPCC気候変動に関する政府間パネル第6次評価報告書が出ましたね。執筆者である江守先生のとても熱量高く分かりやすい解説動画です!

https://youtu.be/dLgGSI0G2SA


サイエンスベースド科学的知見に基づいて話を進める上で、今最も最新のお話ですね。


江守先生のお話から引用させて頂くと、IPCCの信用度として

○66ヵ国から200以上の専門家

○14000本の論文引用

○三回の査読

○78000のレビューコメントに全て対応し、公開

ということです。


第5次評価報告書、1.5度特別報告書、そして今回の第6次評価報告書と回を重ねるごとに明確になっていることが多々あります。


2050年持続可能な社会に向けて、企業、団体、または個人においても、そのシナリオ分析に欠かせない視点だと思います。


8/17CAN-Japan主催の報告会もありますね!https://www.can-japan.org/events-ja/2892

| | コメント (0)

2021年6月25日 (金)

気候ネットワーク平田仁子さん「ゴールドマン環境賞」受賞記念シンポジウム

_20210625_121955

https://www.kikonet.org/event/2021-07-04

環境のノーベル賞とも言われるゴールドマン環境賞を平田さんが受賞なさいました。

この一報を知ったとき、パソコンの前で一人で思わず感涙しました。

これまでの平田さんや気候ネットワークの皆さんステークホルダーの皆さんのご尽力が胸に迫りました。

日本の脱炭素への舵切りに大きく貢献した受賞理由はホームページに詳しく掲載されております。

平田さんの勇気あるこれまでの行動に心より敬意を表します。

 

光栄なことにシンポジウム当日は全体司会を担当させて頂きます。

是非とも!オンラインでご参加くださいませ😂😂😂

 

 

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

これ、なーんだ?😁


ピンポーン!コンタクトレンズを使用している方はお分かりですね。そうです、使い捨てコンタクトレンズのポリプロピレンケースです。


これが、結構貯まります。

貯まるので、ある程度貯まったらコンタクトレンズショップへ持っていくと…

リサイクル製品に生まれ変わります。

メーカー問わずポリプロピレンで作られておりリサイクルに適しているそうです。


そして、先日は、ケースをとどけた際、思いがけないプレゼントを頂きました。


奈良県産ひのきの間伐材で作った柿渋塗りのお箸を頂きました。

福祉作業施設で作られたそうです。


循環を感じられた嬉しいヒトコマでした😊

Dsc_0601

_20210624_161247_20210624162801


| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

櫻田彩子公式ホームページをオープンいたしました。

櫻田彩子公式ホームページ

_20210615_175317

下記、6/4のFacebook投稿記事です😊

6/5明日は世界環境デーですね。1972年の国連総会で日本とセネガルの提案により採択されたものだそうです。なんだか嬉しいですね!テーマは生態系と生物多様性。6/5日本では環境の日が定められています。

実は…

何とか……この日までに間に合いました🥳昨年10月より企画し、やっとこさ僭越ながらエコアナウンサー櫻田彩子のホームページhttps://eco-announcer.com/ オープン致しました。

 

自分のホームページ作成とは東北弁で「おしょすい」気持ち満載でしたが、気候変動・脱炭素・SDGs、整理収納に関しても見える化が大事!と自分に喝を入れ…。活動に尽力なさっている皆さまを応援することを使命とし、関係各所にご協力を仰ぎ、おかげさまでオープンすることが出来ました(少しづつ改善して参ります😅作成プラットフォームはペライチを使用しています)。

ご協力頂いた皆さま心よりありがとうございました!!感謝感謝です🥰 

 

ここ数か月ご依頼いただいた講座などの準備をしておりますが、気候変動・脱炭素・SDGsなどのジブンゴト/チイキゴトに対してこれまで以上に関心が高まっていると感じます。

 

グローバルの大きな話も、小さく感じるかもしれない自分のことも繋がって環って地球を創っています。気象の極端化により雨の季節が災害の季節となってしまっています。明日の世界環境デー・環境の日、ジブンゴト/カゾクゴトしたいと思います😊皆さまもぜひ!

| | コメント (0)

2021年5月 5日 (水)

今日から実践SDGs~住み続けられるまちづくり~@小平市

_20210503_171856

小平市中央公民館さんからお声がけ頂き、連続講座の2回目を担当させて頂けることになりました!


私は「SDGs×環境×経済」

というタイトルでお話しさせて頂きます。

エコロジーとエコノミーを応援するエコアナウンサーとして、SDGs for school認定エデュケーターとして、NPOに関わるものとして日頃から考えていることをお伝えしたいと思います。


環境も経済もどちらも大切です。

どちらもSDGsの考えになくてはならないものです。

社会の捉え方やこれからの行動のヒントとなるようなお話しご参加の皆さまと共に考えていきたいと思っています。


締め切りは5/19です。


小平市の皆さん、ぜひ、ご参加くださいませ!

お待ちしております(*^^*)


| | コメント (0)

2021年4月23日 (金)

地域発!脱炭素な取組!活動団体データベース

https://www.zenkoku-net.org/datsutanso/database/

_20210423_113635

『脱炭素チャレンジカップ』2020~2021年のホームページに

『地域発!脱炭素な取組 活動団体データベース』が掲載されました!

 

『脱炭素チャレンジカップ』は

前身の大会である『低炭素杯』2011~19年、

そのまた前身の『一村一品大作戦』2008~2010年と、

実に

総エントリー団体数14000を優に超える(手元の資料で2019年までの数字です)

地域活動を応援するアワードです。

 

今回ホームページで、データベース一部が公開されたことはとても喜ばしいことと感じております。

日本の脱炭素に向けての足元の宝です。

 

例えば、皆さんの地域ではどんな活動があるのか、また日本中から同じ活動をしている仲間を検索できるのです😆

長年の地球温暖化防止への地域社会企業団体の取り組みが、周知され繋がりが生まれていることに心より敬意を表します。

 

またこのデータベースの打ち込みをなさったHさん!!大変お疲れ様です!ありがとうございます😂

司会担当としてもとてもとても嬉しいです。

| | コメント (0)

『未来のための気候の話』でお話しさせて頂きます!

_20210405_112930

_20210405_112906

2021年5月15日(土)気候キッズセミナー「未来のための気候の話」第1回SDGsを知って、伝えるプロになろう | 地球温暖化防止に取り組むNPO/NGO 気候ネットワーク (kikonet.org)

気候ネットワーク主催の『未来のための気候の話』連続オンラインセミナーの3回目を担当させて頂きます(*^^*)

私の担当は7/11(日)です。

小学校一年生~中学三年生までのご参加でご応募を募っておりました。4月に募集を始めて二週間で定員の50名を超え80名のご参加を頂いているとのこと、受付を終了したことを事務局ご担当から伺いました。

ひょ~、かーちゃんがんばります!

すでに小学生一年生からの素晴らしいご質問も届いており、ビックリするとともに、身が引き締まる思いです。

 

ご参加の皆さんにとって、楽しく、得るものがあり、心を耕すきっかけとなれるようがんばります!

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

ジャパンSDGs アクション フェスティバル開催です!

https://www.japan-sdgs-action-festival.jp/

【ジャパンSDGsアクションフェスティバル 3/26(金)、3/27(土)】開催です。行動の10年を実現するための取り組みとして「ジャパンSDGsアクション協議会」が若者、行政、ビジネス、NPO/NGO,地域、グローバルを繋ぎ、開催します!SDGsを実践している方も、SDGsを自分事化したい方も、SDGsかどうか定かではないけど課題や問題意識を持っている、社会を少しでも良くしたい、コロナ禍からの復興を考えている…などなどの皆さん、ぜひ、ご参加を!

多様なプログラムを見て頂ければ、ご興味と重なるのではないかと思います。

 

皆さんご存じの方々からのメッセージや、今聞きたいトークセッションなど、すごいことになっています!スタッフ皆さん各方面で奮闘中です!

 

櫻田、2日間のチャンネル1の総合司会を担当させて頂きます(^^)/

_20210318_120847

| | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

大学 SDGs ACTION AWARDS 2021オンライン開催

今年も進行を担当させて頂きました大学 SDGs ACTION AWARDS 2021、今年はオンライン開催でした。

例年はファイナリストの皆さんのプレゼンテーションはステージでご本人がおこなっていたのですが、今年は先行して取り組みの動画がホームページで公開されました。

 

動画作成のスキルにも感嘆しつつ、

その脳内で繰り広げられるアイデアにも脱帽でした。

こちらのアワードでは、これまでの取り組みを紹介するだけではなく、これからどう進めていきたいか、どうSDGsのアクションを行っていくかという視点が重要です。

私がとても勉強になったのは

学生のみなさんの実現化に向けての思考です。

こうやりたい、だけではなく、どうすれば、実行アクションできるのか、またそこに至るのには何が必要なのかを順序だててしっかり考えている、その思考力がある、ということです。

世代の違い、などで片付けるのではなく大いに学びたいと思いました。

SDGsネイティブ、デジタルネイティブのみなさんが持っている潜在能力、実力に大きな刺激を頂きましたし、渇!入りました。

いみじくも精華大学の佐々木彩乃さんがおっしゃった言葉が「これまでの与えられた選択肢から生き方を選ぶのではなく、自らの生き方を 創る ことができる学生が増えてほしい」でした。

 

まさに、ファイナリストの皆さんの生き方だ、と感じました。

ぜひ、ファイナリストの皆さんの動画をご覧になってください。

動画はこちらから

https://www.asahi.com/sdgs/article/other_00011/

 

 

 

 

_20210312_154646_20210312154901

| | コメント (0)